ネコ
猫と言えば、マタタビが大好きなことで有名ですよね。マタタビを与えると、たちまちボーっとしたり、よだれを垂らしたりといった姿を想像してしまいます。いったいこれはどうしてなのでしょうか。猫がマタタビ好きなことは知っていても、その理由まで知っているという人は、それほど多くはないのではないでしょうか。そこで今回は、猫がマタタビを好きな理由や上手な効果的な使用方法に関しても詳しくご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

そもそも猫はマタタビが好きなのか!?

マタタビを見ると猫はメロメロになってしまいます。これはほぼどのような猫であっても当てはまりますし、ましてや猫でなくとも、猛獣であるヒョウなどでもその効果が見られるらしいのです。

そもそも猫はマタタビが好きなのでしょうか。実際にはマタタビが好きである、というよりはマタタビに含まれている成分に猫が反応した結果、メロメロになったような反応を示す、というのが正しい表現のようですね。

では猫をメロメロにしてしまうマタタビの成分とはどのようなものなのでしょうか。

 

マタタビはネコ科の動物にとっては媚薬である!?

猫にとってマタタビとは、「媚薬」のようなものであるとも言われるようです。マタタビに含まれているある物質が性フェロモンに近いものであり、猫を性的に興奮させるというのです。

性的に興奮するということから、当然性的に未熟な猫であればマタタビに反応することもないとも言われています。つまり子猫であったり、妊娠中のメス猫がこれに当たりますね。

この時、マタタビが猫の中枢神経を麻痺させており、この効果が持続するのはおよそ20分~30分くらいであると言われています。つまり猫にとってのマタタビとは、俗に言う麻薬のようなものであるともいえるのではないでしょうか。

 

猫はマタタビを食べて反応しているわけではない

猫はマタタビを餌として食べて反応しているというわけではないです。実は猫はマタタビの匂いを嗅いで反応していると言います。猫にはヤコブソン器官という特殊な器官が備わっています。ちなみに人間の場合は既にこの器官は退化してしまっているようです。

ヤコブソン器官は微量なフェロモン物質にも反応する器官であり、猫はこの器官を通してマタタビの匂いを感知しているというのです。

 

体に良くも悪くもない!?

猫にとってマタタビは麻薬のようなものである、と先ほど述べましたが、決して麻薬であるわけではありません。マタタビには麻薬とは違いって中毒性はありませんし、体に特別害があるというわけでもありません。

また猫がマタタビに酔っている、という表現もされることがしばしばありますね。人間がアルコールに酔っているかのような反応をすることがありますが、アルコールとはまた違ったものになります。

アルコールは適量であれば「百薬の長」と言われたりしますよね?しかしマタタビにはこうした体に良いという効果はないのです。どれも似たような反応を見せはしますが、体に良いわけでも、悪いわけでもないというわけです。

スポンサードリンク

マタタビは猫の飼育において活用できる

マタタビは猫の飼育においては利用価値が高いものでもあります。猫を飼っていると様々な問題に直面することがあると思います。そんな場合でもマタタビを上手く利用すれば、解決できるかもしれませんよ!

食欲不振対策として

猫が餌を食べてくれないという事はよくあるかと思います。原因は様々ですが、マタタビを餌に少々振りかけてあげるだけで餌を食べるようになる場合があるようです。

同じように水を飲まない場合でもマタタビで解決することがあります。本来猫は水をそれほど必要としていませんので、水を飲むこと自体少ないかと思います。それでも全くというほど飲まなくて困る!という場合にはマタタビを少し水に浮かせてみてください。これだけで飲んでくれる用になることがあります。

しつけやストレスに効果的

最も一般的に利用されている方法がしつけに利用する方法です。多いのは爪とぎではないでしょうか。爪とぎの上に振りかけてあげるだけでそこで爪とぎするようになる、というものです。現在では市販の爪とぎにマタタビが付属している事も多いですね。

また猫にとって、マタタビの匂いを嗅ぐだけでストレスの軽減になるとも言います。

与える場所、与えすぎには注意!?

マタタビは上手く使えばしつけにも便利なアイテムになりますが、乱用はしない方が良いとも言われています。そもそもマタタビは猫の中枢神経を麻痺させてメロメロな状態にしますから、与えすぎは呼吸困難を引き起こすなどあまり良くはないとも言われているのです。

また与える場所にも注意が必要です。高いところなど落ちると危険な場所で与えると、判断能力が低下した猫や、酔っぱらったような状態の猫には危険でしかありません。

 

まとめ

いかがでしょうか。マタタビは猫にとっては麻薬やアルコールのようなものである、と言われることもあるようですが、中毒性の無さや健康を害するものでもない事から厳密に言うと全く別物であるとも言えますね。

マタタビが猫をメロメロにするのは、マタタビに含まれている成分、物質が猫の中枢神経を麻痺させるからなのです。ですからいくら無害であり、しつけにも便利であるからと言ってあ、あまりの多用は良くないと言えるでしょう。

上手く使えば便利なアイテムですので、しっかりと注意点を理解したうえで上手に使いたいものですね。

スポンサードリンク