オカメインコ

赤いほっぺが可愛すぎ!誰に見せても「かわいい~」の一言が出ます。飼おうかな~?飼いたいけど大丈夫かな~?と考えているあなたも、ぜひこのページを読んで、参考にして下さいね!

スポンサードリンク

オカメインコをペットショップで購入する場合

まず考えるのはペットショップです。大きなショップなら品揃えも豊富で、運が良ければ好きな色のオカメインコに出会えるかもしれません。もし、ヒナの頃から飼いたいようなら、ペットショップに予約しておけば、希望のオカメインコを取り寄せてくれます。ただし、あまりにも珍しい色の場合は値段もさらに高くなり、入荷困難な場合もありますので、ショップの方に詳しく聞いてみましょう。
さてこのようなペットショップにもメリットとデメリットがあります。

ペットショップで買うメリット

オカメインコを実際見に行き、気に入った子がいたら即購入することができます。また餌やケージやおもちゃなどについてショップの方に教えてもらうこともできますし、その後も飼ってみて困ったことがあった時などに、相談することもできるでしょう。

ペットショップで買うデメリット

値段が高いです。オカメインコのアルビノなどの場合は30000円~50000円以上するショップが多いです。また、大勢の動物たちと一緒だったため病気になっている場合もありますから、目が力強くパッチリとしていて、翼や足に異常がないかどうかを確認し、何事も問題がないようなら購入してみましょう。

 

オカメインコをブリーダーさんから入手する場合

いろんなブリーダーさんがいるので、一概には言えませんが、ノーマルでは大体5000円~10000円ほどで購入することができます。また、色の希望も伝えておくと、希望の色を仕入れてもらえる可能性が高いです。ただブリーダーさんの場合、希望のインコの入荷が遅くなる場合もありますから、待っていることも必要です。

スポンサードリンク

ブリーダーさんから購入するメリット

価格が安いです。また希望の色に出会える可能性が高いのも魅力的ですね。しかし届くまで、時間が掛かる場合もあるので注意しましょう。

ブリーダーさんから購入する場合のデメリット。

海外から輸入する場合も多いためか、病気になっていたり、弱っている子も多いので、よくチェックしてから購入しなければなりません。また、届くまで待っていなければならない場合も多いです。

 

里親としてお迎えする場合

どうしても飼えなくなった方から譲り受けお迎えするのが里親ですが、そこはやはり気が小さいオカメインコさん。環境が変わったことでかなり神経質になってしまいます。

里親になる場合のメリット

ずっと人に飼われていたため、人を怖がらないのが最大のメリットです。怖がらない、というよりは、パニックにならずにすむ、ということです。(でも実際にはかなり警戒している場合も多いと言います)

里親になる場合のデメリット

自分の家と認識するまで時間が掛かります。カキカキもさせてくれない場合がほとんどです。このような問題点も多いので、いつもはどのようにしていたかを持ち主だった方に聞いて、できるだけそれに近い形で過ごすようにするのが大切です。

 

しかし、それでもオカメインコは慣れない場合もあります。小さいうちに今までの飼い主さんに慣れていたため、他の人達にはなかなか心を開いてはくれません。ですから、ケージから出した時たくさん遊んであげて、実際に触れ合う機会を多くすることを心掛けなければなりません。飼い主さんもできるだけ時間をとって、お迎えしたオカメインコと遊んであげましょう。

スポンサードリンク

オカメインコの販売店は?

BayBirds Yokohama

オカメインコの専門店です。様々な種類のオカメインコを取り揃えています。
http://baybirds-okame.com/

インコオウム専門店 こんぱまる

インコ・オウムに特化した販売店です。手乗りインコやオウムにこだわりを持っている、頼りにできる専門店です。
http://www.compamal.com/

ペットショップコジマ

大手のペットショップですね。インコ以外のペットも取り扱い豊富です。
http://pets-kojima.com/

Bird shop ナガシン

お店で取り扱っているインコの雛は100%国産というこだわりがあります。雛の育て方もしっかりと教えてくれる良心的なお店です。はじめのうちは色々と頼ってみると良いでしょう。
http://www.nagasin.com/

ドキドキペットくん

小動物と小鳥の専門店です。お迎えの際に、健康診断を受診する事ができ、健康診断を受けた仔には診断書を発行してくれます。ちなみに健康診断は有料になっています。
http://www.dk2p.jp/

Bird pro shop PAVO

福岡のインコ、オウム専門店です。お店では、小鳥たちの人工繁殖も行っているようですね。もしかしたら貴重な孵化のシーンが見られるかもsれませんね。
http://pavo.jp/

他にもたくさんのオカメインコを取り扱っている販売店がありますので、お近くのお店を探してみると良いでしょう。

オカメインコの種類や値段

飼育できるオカメインコにはどのような種類がいるのでしょうか。オカメインコの種類と、種類による値段の違いなどに関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。
オカメインコの種類による値段の違いとは?

オカメインコの飼い方

オカメインコの飼い方に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

まとめ

うちでもオカメインコ(ルチノーのオス)を飼っています。私が家にいることもあって放し飼いをしています。おっとりさんで少しぽっちゃりさんで、いつも家の中を歩いて偵察しています。ヒナのうちから飼ったのですが、なぜか歩くのが好きなようで私が動いている時はひょこひょこ歩いています。また、私が座っていたり寝ていたりする時には、体の上に乗って自分もスヤスヤ眠っています。
上に述べた通り、いろんなメリットやデメリットはありますが、できるだけ元気そうなインコをお迎えしたいものですね!

スポンサードリンク