モルモット

モルモットの特徴の一つに、とても良く鳴くというものがあります。モルモットは社会性を持つ動物で、数匹でかたまって生活しています。鳴き声を色々と使いわけて、仲間とのコミュニケーションをとっているのです。そこで今回はそんなモルモットのバリエーション豊かな鳴き声とその意味をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

要求するとき

何かを要求するときに、まるで警報機か!?というような声で鳴きます。プイプイって感じですね。この鳴き声を出すときは何かを訴えている時が多いです。おなかが減っていたりという場合が多いのではないでしょうか。牧草がちゃんと残っているかなどチェックしましょう。要求を満たさない限り鳴き続ける個体もいるそうですよ。またケージの外に出してほしい場合にもこの鳴き方をします。鳴き声が多いければ大きいほど要求が強いと言いますので、強く鳴いている場合はすぐに対応してあげたいですね。

甘えているとき

飼い主に甘えている時にはキュルキュルと鳴きます。喜んでいますので、いっぱい撫でて可愛がってあげましょう。

 

怒っている時

キーキー、キュイキュイと高い声で鳴きます。興奮している時にもこのような声を出します。怒っているのか、単に興奮しているのかの判断が難しいところがありますが、その他のモルモットの仕草などでも判断可能です。歯をカチカチならしているのであれば怒っている証拠です。この場合は明らかに嫌がってますので、何か怒らせるようなことをしたのでは、と疑ってみましょう。

 

警戒しているとき

低い声でグルグルと鳴きます。モルモットが低い声で鳴くのは基本的に良くない感情の時が多いです。不機嫌であったり、不愉快に思っている場合が多いです。しかしこれは一説にすぎません。個体によってはグルグル鳴く時は警戒ではなく、撫でてもらっていて気持ち良い場合などにグルグル鳴く場合もあるようですね。

スポンサードリンク

ご機嫌な時

ホヨホヨ、フイフイと鳴いている場合は期限が良い時ですね。またクルルルルと喉を鳴らすような声を出している時も機嫌が良い場合が多いです。

これ以外にもたくさんの鳴き声のパターンがあるようです。またモルモットが鳴き続けている場合、牧草の量に注意した方が良いと言われています。何でも、草食動物は常に食べ続けていないと腸の調子が悪くなってしまう、という事情があるようですね。餌の牧草の量が少ない場合、餌を要求して鳴き続けることもありますから、常に牧草は食べられるように多めに置いておくようにしましょう。

 

決してそうとも限らない

鳴き声によってモルモットの気持ちや感情をある程度把握できますが、決してそれが絶対であるとは言い切れないのが何とも難しいところです。実はモルモットのこうしたバリエーション豊かな鳴き声は、すべてが解明されているわけではありません。喜んでいるんだな~って思って構い続けていたけれど、実は怒っていた!なんてケースもあるくらいです。しかもモルモットの個性などにも左右され、全く異なる場合も十分にあり得るのです。ですので鳴き声だけを頼りにするのではなく、モルモットの仕草や鳴き声を総合判断して、モルモットの感情を読み解く必要があるのではないかと思いますね。

 

モルモットのその他の仕草

固まってフリーズしたように動かない場合は、極端に怯えている証拠です。犬や猫などを一緒に飼っている場合などによくあるのではないかと思います。そういう不安を取り除いてあげないと、とてつもないストレスになってしまいます。

モルモットはモルモット同士で挨拶をします。お互いの鼻をくっつけて匂いを嗅ぎ合うような仕草をしている時はモルモットの挨拶のようなものなのです。

犬や猫のように手をペロペロと舐めてくる場合もありますが、これは機嫌が良い証拠のようです。逆に撫でている時などにグイグイ頭で手を押し返してきたりした場合は、止めてほしい!という意思表示である事が多いです。すぐに止めずに続けていると噛みついたり機嫌がどんどん悪くなってしまいます。

モルモットの飼育方法

モルモットの飼育方法に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。
モルモットの飼い方は?飼育方法まとめ!

 

まとめ

モルモットはいろんな種類の鳴き声で自分の思いや感情を私たちに伝えてくれます。また鳴き声だけではなく、仕草からもモルモットの気持ちを読み解くことができるのです。こうした動物は、鳴き声を正しく知ることでペットの欲しているものを知ることができ、上手くいけばペットと素晴らしい関係を築くこともできるかもしれません。もしもモルモットを飼う場合には、ぜひこういった鳴き声や仕草について注目し、より一層楽しいモルモットライフを満喫していただければと思います。

スポンサードリンク