モルモット

モルモットはペットを飼ったことがないという初心者にもとても飼いやすい人気のペットです。しかしモルモットは「臭いがキツい」という話もよく聞きます。モルモットを飼いたいけれど、臭いが気になって飼うのをためらっている・・という方も多いことでしょう。そこで今回は、そんなモルモットの臭いの原因や対策方法について詳しく調べてまとめてみました。

なお、モルモットの飼育方法に関しては以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

モルモット自体は無臭

まず勘違いしないで頂きたいことがあります。それは「モルモット自体は無臭である」ということです。つまりモルモットが臭う原因は他にあるということなんですね。では一体モルモットの何が原因で臭うのでしょうか。順番に一つずつ見ていきたいと思います。

 

発情期に臭う

モルモットは発情期に臭うという情報があります。これは異性のモルモットの気を惹くための独特の臭いであり、モルモットが生まれつき持っているものですので仕方がないところがあります。またメスよりもオスの方が発情期の臭いが強いといいます。オスは年中発情しますので、15日周期に発情を迎えるメスよりも臭いが強いというのが理由だとされています。

 

糞尿の臭い

これはモルモットに限ったことではありませんが、臭いの主な原因の一つですね。モルモットは体が比較的大きいですし、たくさん食べます。ですので糞尿も自然と多くなりますので、臭いが強いのも頷けますね。とはいえ、実はモルモットの糞尿自体にはそれほど臭いが無いと言われています。では一体どうして糞尿まで臭ってしまうのでしょうか。それは皮脂腺の分泌液が原因であるとされています。

 

皮脂腺の分泌液

あまり聞かない言葉だと思いますが、モルモットの場合はこの皮脂腺の分泌液が特に悪臭を放つというのです。モルモットの場合は毛艶を良くするために分泌され、健康のためには必要なものだとされています。皮脂腺というのは実は人間にも備わっているのです。モルモットはこの皮脂腺をお尻の肛門付近に持っています。この分泌液が糞尿に付着すると、糞尿がとても臭ってしまう最大の原因になっているというわけです。

 

皮脂腺の臭いを消すためには?

皮脂腺はお尻にありますので、消臭剤をしみ込ませたもので拭いてあげると効果があります。もちろんペット用の(小動物用の)消臭剤を使用してくださいね。消臭剤をぬるま湯に混ぜてしみ込ませたタオルで拭いてあげると良いかと思います。この時にお尻に付着した糞尿もしっかり拭いてあげましょう。

スポンサードリンク

床材に注意

モルモットのケージの床材に牧草を敷いている場合は注意が必要です。モルモットはペレットも食べますが、牧草を主食にしています。牧草が糞尿で汚れていた場合、餌が足りてないと床材の牧草まで食べてしまいます。糞尿が付着した牧草を食べると、糞尿がまた臭くなってしまうと言います。床材の牧草はこまめに交換しておくことをおススメします。また消臭効果のあるトイレ砂などを使うと臭いも抑えられますよ。

 

下痢に注意する

人間でもそうですが、モルモットも下痢をするととても臭います。特に下痢になりやすい原因としては、冷たすぎる水を飲んだ場合です。モルモットは水をたくさん飲みます。冷たい水をたくさん飲むと、やはり下痢になりやすいのです。

 

牧草を与える

モルモットのペレットがありますので、牧草を与えていない飼い主もいると言います。しかし牧草には繊維が豊富に含まれています。腸内環境を整える効果がありますので、牧草はぜひとも与えておきたい餌の一つです。ペレットや野菜ばかり与えているのであれば、牧草も与えるようにすれば、それだけで消臭効果が期待できます。

 

ケージの清掃

当たり前ですが、ケージの清掃をしっかりと、こまめに行う事によってかなり臭いを抑えることができます。ケージは最低でも一日一回は行うようにし、一週間に1回は丸洗いして天日干しすることをおススメします。天日干しは面倒なところがありますが、消臭効果や除菌効果もあるので積極的に行いたいところですね。

 

蒸れると臭う

当たり前かもしれませんが、ケージ内が蒸れやすくなる夏には特に臭いがキツくなる傾向があります。やはりエアコンなどで温度管理するのがベストでしょうが、それも難しいかもしれません。その場合は小動物用の換気アイテムなどを活用し、空気を循環させるように工夫することです。空気循環を良くすれば、蒸れることはないので嫌な臭いも抑えることができます。

 

おススメの消臭剤

私が今まで使用してきた消臭剤の中でも、ダントツで効果があった消臭剤をご紹介します。カンファペットがそれです。嫌な臭いを化学的に分解してくれますので、一瞬と呼べるくらいの速さで臭いが消えます。とてもおススメですので一度試してみてくださいね。
カンファペット

 

まとめ

モルモット自体は実は無臭です。モルモットの嫌な臭いの主な原因は発情期の独特の臭いと「皮脂腺の分泌液」なのです。発情期の臭いはオスに多いのですが、これは仕方がない事です。モルモット飼育において消臭効果を期待するのであれば皮脂腺の分泌液をしっかり拭きとってあげる事が必要だったのです。ペット用の消臭剤をタオルにしみ込ませて拭いてあげると良いです。また糞尿が臭うのも、皮脂腺がお尻付近にある事が原因だったのです。また牧草を餌としてしっかり与えると消臭効果が期待できますし、基本的な事ですが、ケージの掃除をまめに行う事で臭いを結構抑えることができます。時々ケージを天日干しして消臭、除菌しておきましょう。モルモットのこうした悪臭の元をしっかりと理解しておけば、少しでも嫌な臭いを抑えることができますよ。

スポンサードリンク