コザクラインコ

コザクラインコというインコがいるのをご存知でしょうか。

インコと言えばセキセイインコが有名ですけれど、コザクラインコもペットとして飼育できるインコの中では有名どころで人気があります。

見た目がカラフルなところも人気の理由の一つなのではないでしょうか。

そんなコザクラインコですが、実は「鳴き声がうるさい」と言われていることもあるようですね。

今回はコザクラインコの性格や特徴について詳しく調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

コザクラインコってどんなインコ?

コザクラインコは体の色がとてもカラフルで美しい中型のインコになります。

野生での生息地はアフリカ南西部になり、半乾燥地帯に生息しています。

近くに水場がある場所を生息地として好むようですね。

また見た目の派手さはまさにアフリカ原産の鳥らしいですよね。

大きさは15㎝~17㎝くらいの大きさがあり、体重は40g~60gくらいが平均だとされています。

名前に「コザクラ」が付いていることからもわかる通り、額から胸にかけて桜色のきれいなピンクが特徴的なインコです。

 

コザクラインコの寿命

一般的なコザクラインコの寿命は10年~15年くらいだとされています。

しかし上手に飼う事ができると、20年くらいも生きる事ができるようですね。

寿命はあくまでも目安でしかありませんので、実際のところは飼育の仕方次第で長くもなり、短くもなるということですね。

 

コザクラインコはうるさい?

コザクラインコの鳴き声は体の大きさの割には大きく、近所迷惑になって問題視されることもしばしばあるようです。

甲高い声で鳴くので、激しく鳴くととてもうるさいと感じる事も実際にあるようですね。

アパートやマンションなど、隣との距離があまりないような環境だと飼育に不向きな場合がありますので注意が必要です。

 

 

スポンサードリンク

コザクラインコの性格は?

コザクラインコは別名「ラブバード」と言われていて、パートナーへの愛情表現が強い鳥としても知られています。

飼い主をパートナーとしてい認識して、懐いたりあまえたりととってもかわいい一面があるのですが、時にはその愛情表現が激しすぎる事もあるようです。

とても一途な性格であるということから、パートナーと決めた相手に対してはこれでもかというくらいに愛情表現をしてきます。

しかしパートナーとして認識されない場合、まったく相手にされないという事になります。

この現象はコザクラインコを複数飼いしている場合に起こり得ます。

コザクラインコ同士でパートナーとして認識し合うと、飼い主は完全に蚊帳の外になってしまい、寂しいことになってしまう可能性もあるのです。

コザクラインコとガッツリとスキンシップを取りたい!という場合は、一羽のコザクラインコを愛情持って飼育してあげる方が良いのかもしれませんね。

また飼い主にベッタリなコザクラインコであればあるほど、構ってあげる時間が少ないと嫉妬されると言われています。

飼い主を呼ぶための呼び鳴きや、構ってもらえない事からくるストレスなどで、噛み癖が激しくなる、イタズラをするといった問題もある鳥だという事を認識しておきましょう。

また他にペットがいる場合、そのペットにばかり構っていると嫉妬心から、そのペットに対して攻撃することもあるくらい嫉妬心が激しいと言われています。

毎日しっかりと構ってあげる時間を作ってあげることが、コザクラインコをペットとして飼育するためには必要不可欠だという事です。

またそんな性格とは裏腹に、とても攻撃的な性格でもあるのがコザクラインコの特徴です。

野生のコザクラインコは自分の縄張りを持っていて、縄張りに侵入してきた動物が例え自分よりも大きな場合でも勇敢に立ち向かって行くくらい勇敢な性格でもあるのです。

 

オスとメスの性格の違いは?

コザクラインコの性別の判別は難しいとも言われています。

そんなオスとメスにも少し性格に違いがあるようですね。

オスの場合は穏やかな性格をしており、パートナーに対する愛情表現が特に強いのが特徴的です。

一方メスはオスに比べると、ややガサな性格が印象的で、噛み癖が強かったりイタズラをしやすいのもメスの特徴だと言われています。

飼い主にベッタリな性格になりやすいのはオスの方ですので、スキンシップを取りたい場合にはオスの方が向いているのかもしれませんね。

しかしあくまでもこれは目安でしかありません。

実際の性格に関しては、その個体ごとに異なりますので、オスだから懐きやすいとは一概には言えないということも覚えておきましょう。

 

まとめ

コザクラインコはインコの中でもパートナーに対する愛情表現が強い鳥ですので、パートナーとして認識されると飼い主にベッタリなコザクラインコになります。

しかし複数羽飼育しているような環境の場合、コザクラインコ同士でパートナーになってしまうと飼い主には懐かなかったり、相手にされないという現象が起こってしまいます。

また縄張り意識が強い攻撃的な性格も併せ持っているということも覚えておきましょう。

構ってもらえない事からの嫉妬心やストレスからイタズラしたり、噛みついてくるなどの問題もあるようですから注意しましょう。

他にペットがいる場合には、そちらにばかり構ってしまうとそのペットを攻撃してしまうこともあるようです。

また鳴き声は甲高くて結構うるさいと言われていますので、マンションやアパート暮らしの人は、近所に迷惑にならないように特に注意が必要かもしれませんね。

コザクラインコを飼うのに向いている人は、しっかりと構ってあげる時間を確保できる人、さらに他にはペットを飼っていない人が最も飼うのに向いていると言えるでしょう。

上手く接することが出来れば飼い主にベッタリになるコザクラインコ。

美しいインコなので一度飼育してみたくなりますよね。

スポンサードリンク