ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバーは、盲導犬や、警察犬などの使役犬として優秀なだけでなく、伴侶動物としても申し分ない能力と性格をもっていることから、世界中で人気の高い犬種です。

今回は、そんなラブラドールレトリバーについて解説したいと思います。

スポンサードリンク

ラブラドールレトリバーってどんな犬?

ラブラドールレトリバーは、カナダ原産の大型犬で、カナダのラブラドール半島が、名前の由来になっています。

元々は、漁で網を引いたり、魚を運んだりする使役犬として活躍していました。

順応性が高く、攻撃性がなく、人との作業をとても喜ぶ性格から、盲導犬や救助犬、警察犬などとして、幅広く起用されていきました。

また、家庭犬としても優秀で、カナダ、イギリス、アメリカでは、登録頭数が第一位と、世界中で人気のある犬種です。

 

ラブラドールレトリバーの寿命は?

ラブラドールレトリバーの寿命は、12歳くらいです。

骨格の成長期は1歳くらいまでで、2歳で成犬となります。

2歳くらいまでは、とてもやんちゃですが、それを過ぎると落ち着いた大人の犬になります。

成犬のラブラドールレトリバーは、体長が56cmくらいで、体重や30kg前後です。6歳くらいからはシニア犬、10歳には、老齢犬の域に達します。

 

ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーの違いは?

同じレトリバー種に、ゴールデンレトリバーがいます。

ラブラドールとゴールデンの大きな違いは、毛の長さです。

ラブラドールは、短いつややかな毛が特徴ですが、ゴールデンは、長くウェーブのかかった長いふさふさした毛並みが特徴的です。毛色にも違いがあります。

ラブラドールは、ブラック、チョコレート、イエローなどの色がありますが、ゴールデンは名前のとおり、金色の毛色をしています。

ただ、ゴールデンの中でも濃い色の毛色と、薄めの毛色があるようです。

どちらの犬種も性格は似ており、家庭犬としてすばらしい性格をもっていることから、日本で人気の犬種です。

ただ、ふさふさした毛並みが好まれるのか、日本ではどちらかといえば、ゴールデンレトリバーの方に人気が高いです。

スポンサードリンク

ラブラドールレトリバーの性格は?

ラブラドールレトリバーは、従順・忠実で、飼い主を喜ばせることが大好きです。

また、とても温和で友好的で、社交性も高いため、多頭飼いにも向き、どんな相手でも仲良く接することができます。まさに、理想の家庭犬といった感じです。

 

ラブラドールレトリバーのしつけはしやすい?

ラブラドールレトリバーは、警察犬や、盲導犬に起用されるだけあって、洞察力が高く理解力も高いため、しつけは他の犬種に比べて簡単で楽です。

飼い主のいうことをしっかりと聞き、飼い主を喜ばせることで、自分も喜びを感じます。

 

ラブラドールレトリバーの飼い方と注意点

ラブラドールレトリバーは、家庭犬として理想的な性格ですが、同時にとても活動的です。

なので、1日に2回、1回1時間以上の運動が必要です。散歩やトレーニングをさせることで、ありあまるエネルギーを発散してあげる必要があります。

ラブラドールレトリバーは、脂肪を蓄える体質なので、運動が少ないと太ってしまう危険性があります。

一方で、過度な運動も注意が必要です。

ラブラドールレトリバーのもつ遺伝病として、股関節形成不全があります。

これは、生まれつき、股関節が緩いために、股関節を脱臼してしまったり、股関節が不安定なために、関節炎になってしまったりして、股関節が痛む病気です。

肥満や、過度な運動は、股関節形成不全の発症リスクを上昇させます。

また寒さには比較的強いですが暑さには弱いので、特に夏場は涼しい日陰で休んだり、日差しの落ちてきた夕方などに散歩したりするようにしましょう。

それから、食後の運動はさせないようにしましょう。

大型犬は、胃捻転という病気をおこしやすく、食後に運動をさせるとこの病気が起こりやすいためです。

胃捻転がおこると血流障害によって、循環不全と敗血症を起こし、死に至ります。

緊急手術が必要となる恐ろしい病気ですので、胃捻転については、ラブラドールレトリバーだけでなく、大型犬を飼う上で必ず知っている必要があります。

 

ラブラドールレトリバーの入手方法は?

ラブラドールレトリバーは、ペットショップやブリーダーさんから購入することが出来ます。

価格は25万くらいですが、血統や毛色によって値段がかわり、血統が良いラブラドールは、100万円以上することもあります。

また、ラブラドールレトリバーは人気の犬種であることから、里親募集にも多くのラブラドールレトリバーが登録されています。

子犬から育てたいというこだわりが無い方は、里親募集のほうも検討してみてください。

 

まとめ

以上、ラブラドールレトリバーについて解説しました。

ラブラドールレトリバーは、伴侶動物として、申し分ない能力と性格を兼ね備えています。

きっと家族の一員として、たくさんの喜びを分かち合うことができるでしょう。

ただし、大型犬は想像以上にお金がかかったり、広いスペースが必要だったりと、小型犬以上に飼うのは大変です。

購入を検討される場合は、本当に飼えるかしっかり考えた上で、検討するようにしましょう。

スポンサードリンク