メインクーン
世界最大の猫として根強い人気を誇っているメインクーン。日本だけに留まらず世界的に人気があって、時折テレビでも紹介されている事もありますね。大きいものだと100㎝を超えてくる猫もいるというから驚きです。大きな体には似合わず、性格はとても温和な猫が多く、別名「穏やかな巨人」とも呼ばれ、親しまれています。

そんな大きな猫であるメインクーンですが、いったいどれくらいの値段で販売されているのでしょうか。またメインクーンを購入する場合のおススメの入手方法なども合わせてご紹介していきたいと思います。

なおメインクーンの性格や特徴に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

メインクーンの値段の相場は?

メインクーンの最大の特徴はその大きさですね。大きい猫ですから、値段もそれなりに高価になるのではないかと思いますよね。しかし実際にはそのような事はないようですね。

一般的なメインクーンの値段の平均相場は15万円~20万円くらいですので、他の猫たちと同等な値段で購入する事ができます。しかしブリードタイプと呼ばれる「血統的に見て理想的な猫」である場合、値段は30万円を超えてくる場合もあるのです。この部分は他の猫も同じですね。

 

毛色による値段の違い

メインクーンには30種類を超える毛色のバリエーションがあり、それぞれの毛色がちゃんと公認されています。メインクーンの場合も、この毛色の違いによって少し値段に影響があるようです。

最も値段が安いのはスタンダードな毛色だと言われている、ブラウンタビーと呼ばれている種類です。茶色の体に黒色の縞々があるのが特徴です。レッドタビーと呼ばれる、茶色の毛と白色の毛とが混ざっている個体もペットショップでもよく見かけるかと思います。

こういったベーシックカラーの個体は値段が比較的安い事が多いです。一方、ホワイトカラーなどのちょっと珍しい毛色のメインクーンは値段が高価になる傾向があるようですね。こうなると、もうちょっとしたジャングル大帝のようですね(笑)

 

メインクーンをより安い値段で購入する方法とは?

メインクーンをより安い値段で購入するのにおススメの方法は、メインクーンを専門的にブリードしているブリーダーから購入する方法です。

ペットショップで購入する場合ですと、どうしても仲介業者を介してペットショップで販売される形態になってしまいます。その分値段が少し高くなってしまいますが、こればかりは仕方がありません。それでも15万円~20万円くらいの相場で購入できることに変わりはないようですね。

スポンサードリンク

その点ブリーダーから直接購入すれば仲介業者を介しませんから、その分値段をお安く抑える事ができるのです。ただ、ブリーダーがブリードしているメインクーンはそれなりに良い血統の猫種である事も多いです。そのようなブリードタイプと呼ばれる血統の猫だと、やはり値段は高価になってしまいます。ブリードタイプ以外のメインクーンをブリードしているブリーダーを探すのが、最も安くメインクーンを購入できる方法になるかもしれませんね。

メインクーン専用のブリーダー検索サイトがあります。メインクーンの購入を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

ブリーダーから直接購入する場合のメリット

メインクーンはブリーダーから購入する方法が一般的と考えてよいのですが、ブリーダーから購入する場合のメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

メインクーンに関して詳しい

まずメインクーンを専門的にブリードしているブリーダーの場合だと、メインクーンに関してとれも詳しい知識を持っているブリーダーが多いです。初めてメインクーンを飼う場合には分からない事もたくさんあるでしょう。しかもメインクーンは他の猫種とは違って、体がとても大きくなるという特徴がありますので、メインクーン独自の注意点などもあるかと思います。そういった諸問題に関して聞いておくことができるのはありがたいです。

精神的に安定している子猫を入手することができる

ペットショップで販売されている子猫は、多くの場合幼いころにすぐに親猫から引き離されているという事実があります。そういった子猫は精神的にとても不安定な事が多く、健康であるとは言えないのです。その点ブリーダーから購入する場合ですと、ある程度の期間はずっと親猫と同じ環境で飼われていますから、親猫から授乳してもらって育てられているのです。こうした子猫はストレスも少なく、精神的に安定している健康な状態が多いのが特徴的です。子猫を入手するのであればこのような健康な子猫がおススメです。

子猫の特徴や性格を細かく教えてもらえる

温和な性格のメインクーンですが、その子猫によって性格に細かい違いがあるものです。私たちと同じように、猫にも個性ああるのです。そのような子猫独自の性格というものは、その子猫に密に接している人にしか分からないものです。

ペットショップであれば、店員さんは数多くいるペットたちの面倒を見て言いますし、子猫一匹の性格を事細かく把握している店員さんも珍しいものです。その点ブリーダーであれば子猫の性格を詳しく教えてもらえる事が多いので、飼い始めの頃にはとても助かるかと思います。

 

まとめ

メインクーンの値段は安定している傾向です。平均相場は15万円~20万円くらいですが、ブリードタイプと呼ばれる品種として理想的だとされている個体であれば30万円以上の値が付く場合もあるようです。

毛色も値段に多少なりとも影響があるようです。スタンダードな毛色は比較的安い値が付いていますが、ホワイトなどの珍しい毛色の場合は高価になる傾向にあります。

またメインクーンを購入するのは「ブリーダーから直接購入する方法が一般的」だとされています。またブリーダーからの購入の方がメリットがとても多く、とてもおススメです。最近はインターネットの普及もあってブリーダーとの連絡も取りやすくなっているので、ブリーダー直販も以前ほど敷居が高くなく気軽に利用できるようになっているのも嬉しいですね。

猫種として世界最大の大きさになるメインクーン。普通の猫とは一味違った猫ライフを満喫できるかもしれませんね。

スポンサードリンク