オカメインコの種類は、体の羽色、体の模様、顔の色彩、など3つの要素によって形成されています。1番人気はルチノーで、輸入されているオカメインコのうちダントツに多いです。今回はそんなオカメインコにはどんな種類があって、値段はいくらくらいなのかを紹介しますので、これから飼おうと思っている方はぜひ参考にして下さい。

なおオカメインコの性格については以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

オカメインコの種類は?

オカメインコは種類が多すぎるので、ここで全ては紹介できないのですが、代表的なものを選んで紹介します。

ノーマル

オカメインコの原種です。全体的に見るとグレーなのですが、オスとメスでは顔の色が違っています。オスの顔の色合いは鮮明な黄色と頬にあるオレンジのチークパッチが特徴的です。またメスはグレーに黄色が混ざり合ったような色調で、チークパッチはグレーがかった不鮮明な色合いになっています。

ルチノー

1958年にアメリカフロリダ州で誕生した新種です。性染色体劣性遺伝であり、全体的にクリーム色をしています。そのためチークパッチが鮮明です。

スポンサードリンク

オリーブ

黄色と淡いグレーが混ざり合い、オリーブ系の色合いを持った品種です。エメラルドとも呼ばれています。

アルビノ

3つの色素が欠如しています。そのため体は真っ白です。

 

シナモン

原種に近いです。メラニン色素が茶色に変色したことにより、全体的には淡い茶色の羽色、となっています。

シルバー

原種の羽色をかなり淡くして、光沢も感じられる羽色の品種です。

ファロー

メラニン色素が弱くなり、リボクローム色素が強くなった場合の品種で、羽色は黄色がかなり強まっています。眼の色は赤です。

スポンサードリンク

オカメインコの種類別の値段の相場

オカメインコをブリーダーから直接買う場合、9000円前後で購入できます。が、ペットショップでの販売価格はもっと高くなります。
以下、ペットショップでの大体の相場です。

  • ノーマル・・・・・10000円~15000円
  • ルチノー・・・・・15000~30000円
  • シナモン・・・・・15000~25000円
  • アルビノ・・・・・30000円~50000円

アルビノに関してはもう少し高いショップもあります。アルビノは、ペットショップでもかなり貴重で入荷の予定がないこともあります。できれば事前にしっかり予約することをおススメします。

 

オカメインコの値段の違いとは?

ブリーダーさんから買ったオカメインコと、ペットショップで買ったオカメインコとでは、値段がかなり異なります。たぶん入手先が違うからでしょう。入手先としては、日本国内で繁殖したものと、海外から輸入したものとがあります。どちらが良いのかは飼い主さん次第ですが、海外からの輸入の場合、長旅に耐えられず死んでしまったり、かなり弱っていたりすることも多いようです。

また、病気になっていることも少なくないですから、そういった心配を含めて考慮すると、多少値段は高くなっても国内で繁殖しているオカメインコの方が安全性が高い!と思います。その安全性が価格に反映されているのでしょう。

オカメインコの飼い方

オカメインコの飼い方や注意点に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

まとめ

良い子かどうかは色や柄などの良し悪しではなく、健康であるかどうかが一番の着眼点です。特にヒナの場合は十分な温度管理をしなくてはならないですし、また餌を食べさせるという任務もあります。ですから、できるだけ家にいる方でないと、ヒナの餌付けは難しいかもしれません。

うちでもオカメインコを飼っていますが、本当にかわいいです。ヒナの頃から飼っています。名前を呼ぶと飛んできますし、外出しようとすると寂しがって大声で鳴きます。また、カキカキしてほしい時もこちらに来て鼻でツンツンと手をつつきます。

残念ながらおしゃべりはしてくれないのですが、それでも、何かにつけてこちらへ来てずーっと肩の上に乗ったままで様子を伺っています。
これから飼おうと思っている方も少しは参考になったでしょうか?良い出会いがあると良いですね!

スポンサードリンク