モモンガとムササビの違いってご存知ですか?

なんとなくなら知ってるけど、改めて聞かれると良く知らないという方、そもそもモモンガやムササビってどんな生き物なのか知らないよ、という方もおられるはず。

今回はこの2種類の生き物の特徴と、その違いについて調べてみました。

画像を見ればよくわかるようにその違いは明らかです。

一見よく似ているモモンガとムササビですが、いったいどこがどう違うというのでしょう。

スポンサードリンク

モモンガとムササビの生物学上の分類について

モモンガもムササビもどちらもリス亜科モモンガ族に分類される生き物なのです。

ただしムササビはモモンガ族ムササビ属という、さらに細かいカテゴリに分類されています。

生物学上はどちらもモモンガの仲間という事ができるのでしょうか。

 

モモンガとムササビの大きさの違いについて

モモンガの大きさは体長15cm~20cm、体重100g~200gくらいの大きさになります。

体を広げても手のひら2つ分くらいの大きさですね。

一方ムササビは体長25㎝~50cm、体重500g~1,500gにもなります。

ムササビはモモンガと比べると大きいことがわかります。

 

モモンガとムササビの寿命の違いは?

モモンガの寿命がおよそ5年であるのに対し、ムササビは約10年生きると言われています。

ムササビの方が断然長生きなんですね。

 

生息地の違いは?

モモンガの生息地は九州から北海道まで幅広く分布しています。

ムササビはモモンガと違い、北海道には生息しておらず、九州から青森までに分布しています。どちらも大きな木の樹洞を棲みかにしています。

 

集団生活か単独生活か

モモンガは4匹~5匹が同じ巣穴で生活することがあり、多い時では10匹が一緒の巣穴にいたことが報告されています。

一方ムササビは単独行動を行います。

 

昼行性か夜行性か

どちらも夜行性の生き物ですので、日が落ちる夕暮れから活動を開始します。

 

食べ物の違いは?

どちらも雑食性ですので、昆虫や小鳥、果実、木の実など季節に応じて様々なものを食べています。

スポンサードリンク

飛べる(滑空できる)距離の違いは?

モモンガとムササビは体の大きさが違いますので、滑空できる距離にも違いがあります

モモンガは20m~30m滑空できるのに対し、ムササビは100m以上も滑空できると言われています。

滑空できる距離にこれだけ違いが見られるのは、単に体の大きさが違うからだけではなく、滑空するために発達した皮膜の広さの違いもあるのです。

モモンガは前足と後足の間に皮膜が拡がっています。

これに対してムササビは前足と後足の間に加えて、首の付け根からしっぽにかけてまで皮膜が拡がっており、モモンガより大きく皮膜を拡げることができるのです。

顔の違いは?

モモンガの方が顔に対して「目」が大きい特徴があります。

一方ムササビはどこかイタチに通ずるような顔だちをしているように見えます。

やはりモモンガの方は目が大きく、両者ともよく見ると可愛らしい顔をしてます。

 

フクロモモンガはちょっと例外?

モモンガと名の付く生き物に「フクロモモンガ」というモモンガがいます。

オーストラリアに棲息している生き物なのですが、実はフクロモモンガはちょっと例外で、カンガルーやコアラなどに見られる、「育児嚢(いくじのう)」を持っていることが特徴です。

モモンガという名前が付けられていますが、ここで紹介したリス科のモモンガ族の仲間ではなく、カンガルーやコアラと同じ有袋類の仲間なんですね。

もちろんモモンガと同じく皮膜も持っていますので、滑空することが可能です。

ちなみに日本でペット用のモモンガとして広く流通しているのは、このフクロモモンガになります。

 

まとめ

モモンガとムササビの違い、分かりましたでしょうか。

こうして比較してみると、よく似ていても違う生き物だという事がよくわかりますね。

まとめてみると、モモンガはムササビよりも小柄で、滑空できる距離も短いということになります。

また生活にも違いが見られ、モモンガは集団生活なのに対してムササビは単独行動をするようですね。

生物学上の分類ではムササビもモモンガ族になるわけですが、さらに細かく分類するとムササビ属というカテゴリに分けられ、モモンガとは区別されているということです。

実際こうして調べてみるまでは何となくしか知らないことだったり、知っているようで知らないことって結構多いな、と思いました。

今後もこうした「動物に関する知っているようで知らないこと」をどんどんリサーチしていこうと思います。

なお、モモンガに関しては以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク