数多くいる猫の中でも、とても人気のあるアメリカンショートヘア。

表情もとてもかわいいですよね。

ペットショップに行けば必ずと言って良いほどアメリカンショートヘアが販売されているかと思います。

そんな人気のあるアメリカンショートヘアですが、値段の相場はいったいいくらなのでしょうか。

また購入する方法はいくつかありますが、購入方法にもメリットやデメリットはあるのです。

そこで今回はアメリカンショートヘアの購入方法や値段について詳しく調べてまとめてみました。

なおアメリカンショートヘアの性格や歴史については以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

スポンサードリンク

 

アメリカンショートヘアの値段の平均相場は?

 

 

とても人気があり流通量も多いアメリカンショートヘアですが、取引されている値段はというと大体数万円20万円くらいの間が多いようです。

結構値段の幅が広いように思えますが、この値段の差はどこからくるのでしょうか。

次はアメリカンショートヘアの値段の差の要因についてご紹介します。

 

アメリカンショートヘアは基本的に安価である

アメリカンショートヘアは猫の中でも比較的安価で取引されている事が多いです。

これは人気があることが要因になっています。

 

人気があれば普通高いのでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。

人気があれば数多くのブリーダーが育てていますので、流通量は自然と多くなります。

流通量が多くなればなるほど、猫の値段は下がっていく、というわけですね。

 

若い子猫ほど高価になる

これはアメリカンショートヘアに限ったことではありませんが、どんなペットも大抵の場合は子供や赤ちゃんであるほど値段が高くなる傾向にあるのです。

アメリカンショートヘアの場合だと、生後一年も経てば数万円で購入できるくらい安くなっている事も多々あります。

赤ちゃんの場合だと数万円で購入できることはまず無いといって良いでしょう。

ペットショップで赤ちゃんを購入すると、20万円以上になることもあるようですね。

 

血統が良い猫ほど高価になる

一口にアメリカンショートヘアと言っても、色々な血統があります。

特にショーなどに出されている猫の血を引いた子猫である場合、値段はとても高価になるというわけです。

 

性別や模様による値段の違い

アメリカンショートヘアの場合は、メスの方が値段が高くなる傾向にあうようですね。

またアメリカンショートヘアの大きな特徴に「タビー模様」があります。

このタビー模様の違いによって、値段が上がったり下がったりするようです。

どのような模様が高価なのかというと、一般的にはタビー模様がきれいにくっきりと出ている猫ほど価値が高いのだそうです。

 

購入先での値段の違い

購入先によっても値段にずいぶん差があるようです。

アメリカンショートヘアを購入する先は2通りの方法があります。

一つはペットショップで購入する方法で、もう一つはブリーダーから直接購入する方法です。

 

ペットショップで購入する場合は、直接ブリーダーから購入するよりも割高になります。

一方ブリーダーから購入する場合は、そのブリーダーにもよるかと思いますが、子猫であってもかなりお安く購入できることがあります。

では次に、ペットショップで購入する場合と、ブリーダー直売の場合のメリットやデメリットについて見ていきたいと思います。

 

ペットショップで購入するメリット、デメリットとは?

アメリカンショートヘアは人気種ですので、だいたいどこのペットショップに行っても取り扱っている事が多いのが嬉しいです。

大手のペットショップであれば様々なブリーダーから買い付けている事がありますので、様々なアメリカンショートヘアが扱われており、好みの種類を選ぶ選択肢が豊富なのが最大のメリットです。

また気になる子がいれば何度も足を運んで、実際に見に行くことができるというメリットがありますね。

何回も見ていれば、どのような環境で管理飼育されているのかを見ることができます。

 

一方デメリットは、様々な動物を取り扱っているため、感染症の心配があるという点です。

その他にも生後間もなく親から引き離されてくる子猫が多いことから、精神的に不安定になっている子猫がいるという事も挙げられます。

また子猫の場合、その子の親猫を実際に見れないので、大きくなったらどんな感じになるのか想像しにくいという欠点もあります。

 

またペットショップにも色々あるため、中には動物の取り扱いが酷いショップもあります。

動物をモノのように扱っているようなショップでは購入しない方が良いですね。

また値段が高くなってしまうのは、ペットショップという業態である以上仕方がありませんね。

スポンサードリンク

 

ブリーダーから購入する場合のメリット、デメリットは?

ブリーダーから購入する場合の最大のメリットは、何といってもペットショップよりもはるかに安い値段で購入できる事がほとんどであるという事ですね。

また、実際に親猫も一緒に見せてもらえる事が多いので、成長後の姿も容易に想像することができますね。

ブリーダーたちは愛情込めて自慢の猫をブリードしています。

ブリーダーおススメの質の高いアメリカンショートヘアを安価に購入する事ができるという点もメリットだと言えます。

またペットショップとは違い、子猫が生後間もなく親猫と離されるという事がありませんので、子猫の精神状態も比較的安定しているというメリットもあります。

 

一方デメリットはというと、ブリーダーはショップではなく個人ですので、会うアポを取ったり直接会ったりするのが少々手間がかかるという事ですね。

以前は会う約束を取り付けるのも手間が掛かっていましたが、現在はインターネットやメールが普及してきていますので、以前よりはブリーダーとも連絡を取りやすくなりました。アポを取る手間も最近ではそれほど難しくはなくなってきているのも事実です。

 

また、あまり無いことだと思いますが、中には対した知識もないままに猫をブリードして販売している悪徳なブリーダーもいると言われています。

こういった人には十分注意してブリーダーからの購入を検討するようにしましょう。

 

里親になって引き取る方法

購入方法ではありませんが、アメリカンショートヘアを入手する方法で、里親になって引き取るという方法もあります。

アメリカンショートヘアは人気種のため、里子に出される猫もそこそこ多いので、里親募集サイトで探すと比較的容易に見つけることができます。

しかし多くの場合が、何らかの事情で飼えなくなった猫である事が多いです。

また子猫ではなく、すでに大きい大人であるのがほとんどです。

 

値段は無料であることも多いのですが、ワクチン代金や避妊代金、受け渡しの際の交通費といったものを請求されることもしばしばあります。

費用に関してはその都度異なります。

ショップとは違って、自分が欲しい種類の猫が手に入るのかと言われれば、そうでもありません。

欲しい種類の猫を偶然見つけることができたとしても、他の人も欲しがっていると競合して取り合いになりますし、譲る条件がかなり厳しく設定されている場合もあります。

里親になって引き取る場合は、猫の種類や年齢などに特にこだわりがない場合にはおススメな方法かもしれませんね。

 

まとめ

アメリカンショートヘアは人気種ですので、ペットショップでも大抵の場合は販売されています。

またブリーダーの数も多いので、流通量も多いのが特徴です。

値段は数万円~20万円くらいが相場となっているようで、子猫であったり、きれいな模様が出ている子ほど高価になる傾向があります。

 

またブリーダーから直接購入すればペットショップで購入するよりもかなりお安い値段で購入する事ができます。

どちらの方法で購入する場合でも、それぞれにメリットやデメリットがありますので、しっかりと把握したうえで最も自分に合った方法でお迎えしたいですね。

スポンサードリンク