アメリカンショートヘアは今や日本でも人気が高く、広く普及してきている猫ですよね。

アメショーという呼び名でも親しまれている可愛らしい猫ですが、アメリカンショートヘアと聞いてどのような毛色を思い浮かべますか。

一番多いと考えられるのは灰色の縞模様をした毛色の猫だと思います。

 

しかしアメリカンショートヘアの毛色はそれ以外にもたくさんあるのです。実際には70種類~100種類以上も認められていると言われています。かなり多くの種類がいるんですね。

そこで今回はアメリカンショートヘアの毛色について詳しく調べてまとめてみました。なおアメリカンショートヘアの性格や特徴については以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

スポンサードリンク

 

アメリカンショートヘアの一番メジャーな毛色

アメリカンショートヘアと聞いて真っ先に思い浮かべる毛色や特徴は、このシルバータビーと呼ばれている毛色だと思います。

実際にシルバータビーは最も出やすいとされている毛色ですので、一番多くてメジャーであるのも頷けます。

ちなみにタビーというのは、雲のような形に現れた縞模様の事で、アメリカンショートヘア特有のきれいな模様です。

この模様がきれいに現れている猫ほど人気があり、希少価値が高いとされる判断基準になっているのです。

 

毛色による値段の変化はあまりない!?

アメリカンショートヘアの場合ですと、希少性の高い毛色の猫であっても値段が高くなる、というわけでもないようです。

全く影響がないとも言えないのですが、希少価値よりも両親がショーで優勝した猫である場合など、その血統の良し悪しによって大きく左右されることが多いと言われているのです。

 

タビーにも色んな種類がある

タビーといってもシルバータビーだけではありません。

今度は色んなタビー模様を持つアメリカンショートヘアを見ていきましょう。

 

ブラウンタビー

地の色がブラウンになり、タビー模様が黒色に入っている種類です。

なんだか見た目はアメリカンショートヘアっぽくないですね。

 

レッドタビー

毛色が赤茶色の明るい色をしている種類になります。

ここまでくれば全く別の種類の猫に見えてきますが、これでもちゃんとしたアメリカンショートヘアなんですよ。

スポンサードリンク

 

カメオタビー

レッドタビーよりも赤色が薄いタイプの毛色になります。

パッと見はレッドタビーかと思いがちですが、毛の根元がクリーム色をしています。

 

ブルータビー

ブルーというよりは、グレーに近い色をしています。

タビー模様がやや薄い特徴があり、見た目が美しいため大変人気がある種類になります。

 

タビー模様がない種類のアメリカンショートヘアもいる

アメリカンショートヘアと言えばタビー模様と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

なんと全くタビー模様を持たない猫もいるのです。

それでは今度はタビー模様を持たないタイプのアメリカンショートヘアを見ていきましょう。

 

ブラック系

ズバリ黒猫ですね。毛の根元まで黒い色だとブラック、根元が白いタイプだとブラックスモーク、黒よりも白い部分が多めなタイプになるとシルバーと呼ばれていて区別されています。

 

ホワイト系

全身白い色をしているアメリカンショートヘアもいるのです。

白色の遺伝子は優性遺伝しますので、両親のどちらかが白色になる遺伝子をもっていると白猫になるのです。

またタビー模様を持っているタイプの猫であっても、この遺伝子を親がもっていると、お腹や足など体の一部が白くなるような猫もいるのです。

 

白と黒のセパレートカラー

白と黒が分かれて現れている、セパレートカラーのアメリカンショートヘアもいるのです。

こうなると全然アメリカンショートヘアっぽくないですよね。

模様の現れ方によっては日本猫と間違われることもしばしば。しかしちゃんとしたアメリカンショートヘアなんですよ。

 

アメリカンショートヘアの値段や購入方法

アメリカンショートヘアの値段や購入方法に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。ここでご紹介したものは、アメリカンショートヘアのほんの一部でしかなく、基本的な毛色になります。

数々の毛色がブリードされていますので、微妙に色の濃さが違ったり、模様の入り方が違ったりとバリエーションはとても豊かである事が分かりますね。

 

とても人気が高くて飼いやすく、また値段もお手頃に入手できるアメリカンショートヘア。

毛色もとても豊富で面白い種類であすので、ぜひ猫を飼う場合の参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク