アメリカンショートヘアと聞くと、どのような猫のイメージが湧きますか?

アメリカンショートヘアは日本国内でも根強い人気を誇っている猫種ですが、アメリカでも人気NO.1の猫種なのです。

そんなアメリカンショートヘアですが、どんな性格をしているのでしょうか。

今回はアメリカンショートヘアの性格や特徴について詳しく調べてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

アメリカンショートヘアの誕生のルーツ

 

ここでアメリカンショートヘアが一種の猫種として確立したルーツを探ってみました。

まず、アメリカンショートヘアのルーツとなった猫はブリティッシュショートヘアと呼ばれていた猫でした。

これが17世紀にアメリカに渡った際に名前を改名されてドメスティックショートヘアと呼ばれていましたが、次第にアメリカンショートヘアと改名されたそうです。

 

ドメスティックショートヘアと呼べれていた時期はあまり人気がなかったようですが、アメリカンショートヘアとおしゃれな名前になってからは人気が爆発、キャットオブザイヤーを受賞するに至りました。その後次第に数を増やして現在に至るようです。

日本に入ってきたのは1980年代以降になりますので、にほんでの歴史はまだ浅いと言えるでしょう。

 

アメリカンショートヘアは運動能力が高い

可愛らしい外見をしているアメリカンショートヘアですが、もともとは船内などにおいて、食料や衣服をネズミから守るために導入された、ワーキングキャットでした。

もともとペットというよりは、ネズミや蛇対策用の猫だったのです。

ですので狩りに対する意識も強いのが特徴です。

動くものに対してはとても敏感で、追いかけ捕まえなければ気が済まない、という性格をしています。

つまりは好奇心旺盛で、運動神経も抜群に良いのです。

 

日本ではアメショーなどと呼ばれていることが多いですが、アメリカではマウサー(ネズミ捕り)と呼ばれているようですね。

なんとゴールドラッシュ時代には炭坑内でネズミ捕りをしていたと言われているくらいです。

 

穏やかな性格をしている

ネズミ捕りの達人の異名を持つアメリカンショートヘアですが、その性格は意外と穏やかで優しい性格だと言われています。

人にも良く懐くのでペットとして人気があるわけですね。

また犬などの他の動物とも共存できるため、ペットの多頭飼いをする人にもおススメの猫種になります。

また人見知りもしない性格をしていますし、素直で賢いですのでしつけやすさでも人気があります。

こういった点を踏まえると、ペットとしては飼いやすい猫と言えるでしょう。

 

やんちゃで何にでも興味を示す

ワーキングキャットとしての狩猟本能からか、何に対しても興味を示すようなやんちゃな性格でもあります。

ですのでねこじゃらしやおもちゃなどで遊ぶときも、面白いくらい反応してくれますので遊んでいて楽しいですよ。

それゆえちょっとイタズラが激しい事もあるようです。

 

甘えん坊な性格

飼い主に対してもとても甘えん坊であるのも特徴です。

一説によれば、アメリカンショートヘアは抱っこされるのが嫌いである、という記述も良く見かけます。

この理由は、もともと草原にいた猫なので高く持ち上げられたり地面から離れるのが苦手である、というものです。

しかし本当のところどうなのかは分かりません。

また一方では、人間の膝に載るのが大好きなくらい甘えん坊だという意見もあります。

これは完全にその猫の個体差によるものが大きいのではないかと思いますが、基本的には飼い主には良く懐き、良く甘える性格であると言えます。

スポンサードリンク

 

とてもフレンドリーな性格

他の犬などのペットがいても、自分からちょっかいを出しに行ったりとフレンドリーな一面が強い猫でもあります。

多頭飼いする場合にはとても飼いやすい性格なのですが、一緒にいる犬などの他の動物にとっては逆にストレスになってしまうといった場合もあるようです。

他にもペットがいる際には、そのペットたちの様子もよく見て一緒に飼育するようにしたいですね。

 

とても筋力がある

アメリカンショートヘアの特徴として、筋力があるというものがあります。

もともとハンター気質の猫ですから、体もがっしりとした体型になっており、狩りをするのにもってこいの体格をしています。

 

太りやすい体質である

なぜだかとても太りやすい種類の猫であるとも言われています。

運動量が豊富な猫ですが、それだからと食べたいだけ食べさせていると、ブクブクと太ってしまう体質なんだそうです。

ですので適度な運動と、適度な食事管理は必要不可欠になります。

猫に必要なカロリーは計算することができ、「猫の体重×70、80キロカロリー」が猫に必要な一日のカロリーになります。

また注意点として、人間の食べ物は与えないようにしましょう。

 

毛玉症に注意

アメリカンショートヘアは短毛種の猫ですが、被毛が厚くて抜け毛も多いですので、換毛期のブラッシングは欠かせません。

 

夏の暑さに注意

被毛が厚いので冬の寒さには比較的強いのですが、蒸し暑い夏はあまり得意ではないようです。

温度管理はもちろんのこと、湿度管理も行ってあげたいところです。

 

環境の変化にとても強い

アメリカンショートヘアの祖先は移民族とともに生活していた歴史があります。

ですので環境の変化というものには強いと言われています。

引っ越しなどの環境の変化におけるストレスはほとんど無いと言って良いでしょう。

しかし、もともとはハンター気質の猫ですので、思いっきり遊べないでいるとすごくストレスになるようです。

ケージに入れっぱなしにしたり、定期的に遊んであげないとストレスの要因となってしまい、体調不良などの原因にもなってしまうようですので注意しましょう。

 

あまり鳴かない

アメリカンショートヘアは必要以上になかないという特徴も持っています。

しかし何かこちらに対して要求をする場合などにはしっかりと鳴いてアピールしてきます。

ですのでアメリカンショートヘアが鳴いている場合は、何かを要求しているサインだと思いましょう。

 

アメリカンショートヘアの値段

アメリカンショートヘアの値段に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

アメリカンショートヘアの毛色

アメリカンショートヘアの毛色に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。アメリカンショートヘアが人気があるのには様々な理由があるのです。

また性格はペットとするにはとても飼いやすい性格をしていると思います。

ただ、もともとワーキングキャットとして用いられるくらいのハンター気質な猫です。

運動量が多かったり、好奇心旺盛な性格でもありますので、欲求を満たしてあげられる環境を作ったり、頻繁に遊んであげる時間を作るというのが、猫のストレスを溜めないベストな接し方になるのではないかと思います。

スポンサードリンク