猫の餌にはどのようなものがあるでしょうか。

真っ先に思い浮かべるのはキャットフードではないでしょうか。

猫が健康に暮らしていくためには欠かすことのできないのが餌ですよね。

実際にキャットフードといっても色々あります。

特に初めて猫を飼うという人には、「何を買ったらいいのかわからない!」ってことにもなりますよね。

そこで今回は、たくさんあるキャットフードにはどんな種類があるのか、またそれぞれの特徴やメリット、デメリットも併せてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

猫の餌には大きく分けて2種類ある

猫の餌は2種類に分けることができます。

その2種類とは、ドライフードとウェットフードです。

どちらも一般的なキャットフードなのですが、それぞれに違った特徴があってメリットやデメリットも存在するのです。

この2種類の餌について順番に見ていきましょう。

 

ドライフード

その名の通り乾燥している固形タイプの餌になります。

「カリカリ」などと呼ばれていることもありますよね。

ほとんどの飼い主がこのドライフードを与えているかと思います。

ドライフードには猫が必要とされる栄養素がたっぷりと入っていますので、基本的にはこのドライフードを与えておけば栄養補給は十分に行う事ができます。

今日では栄養バランスも考えられているドライフードが多くなっていますから、猫を飼う場合にはドライフードがおすすめだとされています。

 

ドライフードのメリット

栄養バランスが優れている

猫に必要な栄養がバランス良く配合されているため、簡単に栄養摂取させることができる点にあります。

これは最もお手軽で簡単です。

 

日持ちがする

乾燥している餌ですので、とても長持ちするのが特徴的です。

安い時にまとめて買い置きしておくこともできますよね。

 

安い

ドライフードは基本的に安いのが特徴です。

実際に値段はピンキリなのですが、安いものでは1袋2~3kgで500円くらいから販売されています。

 

猫の歯にも良い

ドライフードは固いので、噛みごたえがあります。

噛むことで顎の鍛錬になりますし、歯にも歯垢がつきにくく、ついた歯垢も取れやすくなるというメリットもあるのです。

猫の歯の健康を考えると、とても理にかなっている餌になるわけです。

 

腹持ちが良い

一旦食べると消化されるまで時間がかかるので、腹持ちが良いというのもドライフードの特徴です。

 

ドライフードのデメリット

水分量が少ない

猫が水分補給する際は、主に餌から摂取することが多いです。

ドライフードは水分を完全に飛ばした乾燥餌のため、餌からの水分補給はできません。

別に飲み水を与える必要があります。

 

肥満の原因になる

ドライフードは高カロリーにできています。

ドライフードばかり食べている猫は肥満になりやすいとされているのです。

与える際にはその猫に見合った分量を与えることが望ましいと言えますね。

嗜好性が良くない

これについては絶対であるとは言い切れません。

実際には嗜好性が良いドライフードもあるからです。

しかし一般的にドライフードは嗜好性が良くない場合が多いと思います。

確かに栄養バランスは良いのですが、美味しいのか、と言われればそれほ美味しくないものが多いのかもしれませんね。

 

消化が良くない

腹持ちは良いのですが、逆に消化には良くないとも言えます。

お腹の調子があまり良くない猫や子猫にはあまり向いていないと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ウェットフード

ウェットフードはドライフードの逆で、乾燥していない餌の事です。

いわゆる猫缶と言われる缶詰の餌ですね。

缶詰にもたくさんの種類がありますよね。

 

ウェットフードのメリット

水分補給ができる

猫は餌から水分補給を行う事が多いです。

ウェットフードであればそのまま水分も一緒に摂取することができます。

 

消化が良い

ドライフードに比べて消化に良いというのも特徴の一つです。

お腹の調子が悪い猫や、子猫などには消化の良い餌を与える方が良いとされています。

 

嗜好性が抜群に良い

ウェットフードの良いところは何といっても「食いつきが良い」ことです。

美味しいのかとても良く食べる場合が多いです。

なかなか餌を食べてくれない猫の場合でも、ウェットフードに切り替えた途端に食べるようになったという例もあるくらいです。

 

ウェットフードのデメリット

歯の健康にあまり良いとは言えない

柔らかい特徴がありますので、噛むという事がそれほど必要になりません。

顎を鍛えるということは難しくなります。

またドライフードとは真逆で、歯垢が付きやすく溜まりやすいという特徴もあります。

歯のケアをしてあげる必要がありますね。

 

日持ちしない

ドライフードと比べると、圧倒的に日持ちがしにくく、飼い主にとっては少々扱いにくいかもしれません。

 

比較的高価

値段が高めになっているのも特徴的です。

実際には値段はピンキリなのですが、こんなにするの!?というくらいに値段が高い事も多いです。

 

腹持ちが悪い

消化がしやすい餌である反面、腹持ちは悪いとも言えます。

 

まとめ

キャットフードにはドライフードとウェットフードの2種類の餌があります。

これらにはそれぞれに違った特徴があり、メリット、デメリットもあり一長一短という感じですね。

 

簡単にまとめると、ドライフードは栄養バランスは優れているけれど、猫にとっては美味しい餌とは言い難いです。

またウェットフードは猫にとっては美味しくて嬉しい餌になりますが、栄養面であったり健康の観点からしてみればドライフードには敵わない、といったところですね。

ですので最もベストな餌の与え方は、ドライフードとウェットフードを両方とも併用する方法です。

当然バランスは考えて与えるべきではありますが、どちらかだけを与えるよりは遥かに健康に良いですし、猫にも嬉しいのではないかと思います。

スポンサードリンク