マンチカンという猫がいるのをご存知ですか。

マンチカンの特徴は何といっても「短い足」ではないかと思います。

犬でいう所のダックスフントのような体型でしょうか。

そんなマンチカンですが、ペットとしてとても人気があります。

人気の猫ランキングでも上位に入ってくる種類でもあるのです。

マンチカンの人気の理由とは一体何でしょうか。

今回はそんなマンチカンの性格や特徴、しつけをする際のおすすめの方法や注意点を詳しく調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

マンチカンの性格は?

 

 

人懐っこい

マンチカンはとても穏やかな性格をしており、人懐っこい性格であると言われています。

ペットにとって重要な要素である人懐っこさと穏やかな気性を兼ね備えている猫になります。

初心者にとっても飼いやすい猫ではないかと思います。

またオスの方がメスよりも優しく、より人懐っこい性格をしているとも言われています。

当然すべてのマンチカンが穏やかな性格をしているとは言えません。

猫の性格は実際には生まれた時の環境であったり、ペットショップなどに引き取られてからどのように育てられてきたかなど、これまでの飼育環境に大きく左右されることがあるからです。

 

好奇心旺盛

穏やかな性格でありながら好奇心旺盛でもあります。

初めて見るものや、他の動物にも興味を示しますので、他のペットとの共存もしやすいという特徴があります。

猫にしてみればとても社交的な性格をしていますので、多頭飼いをする場合にも飼いやすいと言えるでしょう。

 

ちょっと怖がりで臆病

臆病なところもあるのが特徴的です。

いたずらをした際に強く怒ってしまうとひどく怖がってしまうこともあります。

怒るときは優しく叱るように心がける必要がありますね。

 

マンチカンは留守番上手!?

たまにこんな記述を見かけることがあります。

「マンチカンは留守番上手である。」本当でしょうか。

これにはちょっとした理由があって、マンチカンは比較的聞き分けが良い猫とも言われているのです。

頭が良くて賢いので、してはいけない事などを学習し、実践することができるとされています。

当然幼い子供の頃はそうもいかないでしょうが、成長するに従ってこういった聞き分けの良い性格が徐々に現れてくるでしょう。

こうしたことからマンチカンは特に外出が多い人にも安心な猫としても人気があるのです。

 

マンチカンをしつける方法とは?

マンチカンは人懐っこく賢い猫ですので、しつけを行う事はそれほど難しい事ではないと言われています。

しかし意外と臆病である性格をしています。しつけの際にはこの点にだけは注意しなければいけません。

マンチカンを叱る際には決して怖がらせるような叱り方をしてはいけません。

一番やってしまいがちな叱り方に「頭を叩く」や「大きな声で叱る」という方法があります。

これはマンチカンにとっては恐怖を植え付けてしまうだけになりますので絶対にやめましょう。

人間を恐怖の対象とみなしてしまうと、最悪の場合敵として見られてしまいます。

ではどのように叱るのがベストなのでしょうか。

マンチカンを叱る際には優しい感じで、何度も注意をするくらいの叱り方が丁度良いのです。

叩く代わりに、鼻先を指ではじくくらいの叱り方に留めておきましょう。

またこれはマンチカンに限ったことではありませんが、マンチカンは猫です。

猫は犬とは違い、単独で行動する動物です。

ですから飼い主であるあなたの事を「ボス」であるとは思っていないのです。

しつける際に無理を強いることは嫌われるだけですので注意するようにしましょう。

スポンサードリンク

 

マンチカンはきれい好きな性格

マンチカンはとてもきれい好きな性格をしている猫でもあります。

特にトイレなどにはとても敏感です。

汚れたトイレでは用を足さないこともあるくらいです。

トイレは常に清潔に維持できるようにしておきましょう。

 

マンチカンにトイレをしつける方法

まずはトイレの場所は固定させましょう。

マンチカンが安心して用を足せる場所をトイレにしますので、そこにトイレを置きます。

部屋の隅っこなどが多いのではないでしょうか。

またトイレを別の場所でしてしまった場合なども、強く叱らずに優しく注意します。

汚してしまった場所はそのままにしておくと、再びそこをトイレにしてしまう恐れがあるので、消臭スプレーなどを活用し、ニオイを除去しておきましょう。

またトイレをしているマンチカンには構わずそっとしておいてください。

びっくりして途中でトイレをやめてしまう事があります。

 

マンチカンは成長過程によって性格が変わる!?

マンチカンは年齢に応じて性格が変わるとも言われています。

幼いころは何に対しても好奇心旺盛です。

この頃は色々なものに触れ合ってもらうと後々コミュニケーションも取りやすくなります。

また大人になってくれば落ち着きが出てきて、個性が現れてくるようになります。

この頃になればしつけも最もしやすい時期ですので、いろいろと教えてあげましょう。

さらに年を取って老猫になってくれば、動くことも少なくなり、好奇心もほとんど無くなってしまいます。

一方性格はさらに穏やかになり、大人しくなります。

 

マンチカンの大きさは?

マンチカンはそれほど大きくならない、どちらかというと小型の猫と言えるでしょう。

体重はオスとメスで少し差があるようですが、オスで3㎏~4.5㎏、メスだと2.5㎏~3.5㎏くらいと言われていますので、若干オスの方が大きくなる傾向にあるようですね。

 

マンチカンの寿命は?

マンチカンの平均寿命は10年~13年くらいと幅があります。

これは飼育環境や食べていた餌にも左右されることなので、一概にいう事はできません。

一般的な猫の平均寿命はおよそ15年くらいとされていますので、それに比べるとやや短めなのかもしれませんね。

しかし上手に飼えば20年以上生きたという例もあるくらいですから、一度飼えば長く付き合う事になるのはしっかりと理解しておきましょう。

 

マンチカンは肥満になりやすい

マンチカンは比較的太りやすく、肥満に注意すべきだという声もあります。

肥満対策としては、日々の餌の管理や毎日の適度な運動が不可欠です。室内飼育をする際にはある程度の運動スペースや環境を整えてあげる必要があります。

マンチカンの値段

マンチカンの値段に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。マンチカンはとても人懐っこく飼いやすい猫であるため特に人気が高い種類になっています。

賢い猫でもあるため、一人で留守場させる際にもしつけがしやすい猫のため、外出が多い人にも飼いやすい猫であると言えるでしょう。

その反面臆病で怖がりな性格も兼ね備えています。

叱る際には強く叱らずに優しく何度も繰り返し叱るような方法でしつけを行うことが重要です。

またマンチカンは体質から肥満になりやすいとも言われています。

日々の餌の管理や適度な運動ができるように飼育環境を整えてあげ、肥満になりにくい環境を飼い主が作ってあげる必要があるのです。

スポンサードリンク