モルモット

モルモットってとてもかわいいのでペットとして飼いたいと思う人も多いかと思います。

確かにモルモットの飼育は簡単ですし、初心者にもとてもおススメな小動物です。

しかしモルモットの飼育において注意すべき事柄に、「モルモットアレルギー」と呼ばれる症状に注意すべきだという意見も多いのです。

モルモットアレルギーとは一体何なのでしょうか。

そこで今回はモルモット飼育において避けては通れないモルモットアレルギーについて詳しく調べてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

モルモットアレルギーは存在する

犬アレルギーや猫アレルギーが存在するように、モルモットアレルギーも存在するのです。

症状としては人にもよるようなのですが、一般的には「くしゃみ」「鼻水」「咳」などが挙げられます。

ひどいと喘息のような症状になってしまう場合もあるのだとか。

実際に喘息にまでなってしまう事は稀だと言われていますが、風邪をひいて体が弱っている時にはその可能性もあるのです。

他の症状には、皮膚が痒くなったりすることもあるようですね。

 

対策方法とは?

モルモットアレルギーだと確定してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

病院にかかった場合に言われることは、「モルモットを手放しましょう」だと思います。

しかし一度飼い始めたモルモットを手放すとなると、引き取ってくれる里親を探すほかありません。

間違っても野生に放したりしてはいけません!

アレルギー対策としておススメなのは、マスクを着用することです。

モルモットの毛を吸い込んでしまい、アレルギー反応を起こす事態を防ぐことができます。

ケージ清掃の際には特に毛を吸い込んでしまう確率が高いのです。

またモルモット自体に触った場合や、糞尿などを触った場合にもアレルギーを発症してしまうこともあるそうです。

この場合の事を考えて手袋をつけて掃除することをおススメします。

 

牧草が原因の場合がある

モルモットが直接の原因ではなく、牧草が原因でアレルギー反応を起こす人もいるようです。

どういうことかというと、モルモットが主食にしている牧草の「チモシー」が原因になっているというものです。

このチモシーですが、何なのかというと「イネ科」の牧草なのです。

このイネ科のアレルギーを持っている人がちらほらいるようなのです。

チモシーの牧草から出た粉などが舞い上がり、吸い込んでしまったりすると危険です。

アレルギー持ちの場合はこのチモシーがあるだけで要注意なのです。

 

スポンサードリンク

 

モルモットをお風呂に入れる

効果があるのかないのか、意見が分かれるところではあるのですが、モルモットをお風呂に入れる事によって、アレルギー反応を起こしにくくなるという報告があるのです。

モルモットにとっても皮膚をきれいにすることで痒みが抑えられるというメリットがあり、飼い主にとってもアレルギー反応が抑えられるので一石二鳥だと言われているのです。

 

しかしモルモットによってはお風呂はおススメできない場合があります。

モルモットに小動物用のシャンプーなどを使うと、皮膚炎を起こしてしまうモルモットもいるのだそうで、お風呂が良いのか悪いのか意見が分かれる理由はこういったところにあります。

 

換気扇を使用する

換気扇の使用が効果的だという説もあります。

換気扇によってアレルギー反応を起こす物質を部屋に溜めないようにすることによって、発症を抑えるというものです。

空気清浄機を併用するとより効果的なんだとか。

騙されたと思って試してみる価値はありそうですよね。

 

おススメのペット用換気扇があります。

ジェックスさんから販売されている「エアグルーム」という商品がそれです。

これは集毛機でもあり、換気扇でもある大変優れモノなのです。空気を循環させますので、夏にはケージが蒸れなくなりますので、暑さ対策にもうってつけです。

また活性炭による消臭効果も抜群で、むしろこの消臭効果が一番期待できるのではないかと思っています。

私はシマリスのケージに使用していますが、もはやこれが無いと飼育できないと思えるくらいになってしまいました。

ぜひ導入してみてくださいね。

 

GEX ラビんぐ エアグルーム 集毛機

モルモットの病気

モルモットも病気になります。注意すべき病気や対策に関しては以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

モルモットの飼い方

モルモットの飼い方に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

まとめ

モルモットを飼育しているとモルモットアレルギーに悩まされることがあります。

これは人によって発症したりしなかったり様々ですが、ポイントをしっかりと抑えておけば最低限にアレルギー反応を抑えることができるのです。

一部の情報には信憑性が低いものもありますが、アレルギーがあるけれど、モルモットを飼いたい!という場合には試してみると良いかと思います。

 

しかしアレルギーがあると後に分かった場合に、モルモットを捨てたりといったことは決してしてはいけません。

一度飼い始めたペットは責任を持って最後までお世話をしてあげるべきですよね。

飼う前にモルモットにはそういうアレルギーの問題があるという事をしっかりと把握したうえで飼いたいものです。

スポンサードリンク