シマエナガ

シマエナガという鳥をご存知ですか?

あんまり聞き慣れない名前かかもしれませんが、近年ではとってもかわいい姿をしていると話題になっている小鳥です。

真っ白でフワフワっとした体は、まるで「雪の妖精」だとも言われています。

そんなかわいい小鳥のシマエナガですが、いったいどのような生態をしているのでしょうか。

また、それだけかわいいのですから、ペットとして飼育したくなりますよね?

はたしてシマエナガを飼育することはできるのでしょうか。

今回はシマエナガについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

シマエナガとは?

シマエナガはスズメ目エナガ科エナガ属に分類されている、エナガという鳥の一種です。

エナガは世界中でもいろんな種類が生息していますが、日本ではそのうち4亜種のエナガを見ることができます。

シマエナガはそのエナガの中の亜種の一つで、北海道に生息しています。

シマエナガの「シマ」というのは「島」であり、北海道の事を指していると言います。

縞模様の「シマ」ではなかったんですね。

 

エナガという名前は「長い尾羽」に由来しており、柄が長い柄杓がその姿によく似ているという事から名付けられたのだとか。

体の半分くらいにもなる尾羽がとても特徴的です。

江戸時代には「柄長柄杓(えながひしゃく)」、「柄柄杓(えびしゃく)」、「尾長柄杓(おながひしゃく)」、「柄長鳥(えながどり)」などと呼ばれていたようですね。

 

大きさはとても小さい事で知られています。

日本ではなんと2番目に小さい小鳥と言われており、体長わずか14㎝、体重はたったの8gしかありません。

スズメでも20gはありますから、ずいぶん小さい事が分かりますよね。

 

シマエナガは雑食性です。

餌は主に小さい昆虫やクモなどを捕らえて食べています。

ハチドリと同じように、その場で羽ばたいて留まるホバリングを行う事ができ、餌を捕る際にホバリングしている姿を見ることができます。

他にも、木の実なども食べ、樹液も餌にすることもあるようです。

 

特にかわいいシマエナガ

エナガの仲間は本州、四国、九州にも生息していますが、北海道にのみ生息しているシマエナガは特にかわいいと話題なのです。

「かわいい動物ランキング」などでも必ずランクインしてくるくらいの、殺人的かわいさがあります。

色が真っ白なのはまるで「雪見だいふく」のようだという声もあり、大変人気が高い理由の一つでもあるようです。

もちろん他のエナガたちも大変かわいいのですが、シマエナガのかわいさは、やはり群を抜いていると思います。

 

スポンサードリンク

 

シマエナガの鳴き声

とても可愛らしいさえずりをしますね。

 

シマエナガはペットとして飼育できる?

こんなにかわいいシマエナガなのですから、インコや文鳥のようにペットとして自宅で飼育できると嬉しいですよね。

しかし残念ながら、シマエナガをペットとして飼育することはできません。

日本には「鳥獣保護法」という法律があり、愛玩動物としてペットにする事や、ペットショップでの販売は禁止されているのです。

シマエナガだけに限らず、野鳥は鳥獣保護法により守られています。

どんな野鳥も、基本的にはペットとして飼育することはできないと思っておく方が良いでしょう。

また、捕獲することも禁止されています。

もしシマエナガを捕獲すると、逮捕されてしまいますので絶対に捕まえたりしないでくださいね。

 

シマエナガに会いたい!

どうしてもシマエナガに会いたい!

という人もいることでしょう。

現在ではシマエナガに会いに行くためだけのツアーもあるのだそうで、気になる人はぜひチェックしてみて下さい。

情報によると、1月~2月の間は、寒さが厳しすぎない北海道の地域ではどこでも頻繁に見ることができるようで、3月になるとあまり見られなくなるのだとか。

日本に生息しているエナガは、漂鳥であるようで、暑さと寒さを避けるために、季節で生息地域を変えている傾向にあるようですね。

 

シマエナガグッズがたくさん!

シマエナガは大変人気がありますので、たくさんのグッズが販売されています。

写真集まで販売されていますし、スマホケースやキーホルダーのデザインにも起用されています。

さらにはLINEスタンプにもなっていますので、これは使いたくなりますよね。

シマエナガグッズを詳しく見てみる【楽天】

まとめ

いかがでしょうか。

シマエナガはエナガの亜種の一種であり、日本では北海道にしか生息していません。

エナガは本州以南にも生息していますが、特にかわいい姿をしているシマエナガは北海道でしか見ることができないのです。

 

またシマエナガは野鳥のため、鳥獣保護法という法律で守られています。

よって捕獲することも、ペットとして販売、飼育することも禁止されていますので、飼育することは不可能です。

万が一捕まえたりすれば捕まりますので、絶対に捕まえないようにしましょう。

 

シマエナガに会いたい場合は、北海道ツアーに「シマエナガに会いにいくためのツアー」も企画されているとの事です。

ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

スポンサードリンク