水槽のブクブク(フィルター)の正しいお手入れ方法とは!?

水槽に入れておくブクブクありますよね。

夏祭りの金魚すくいでとってきた金魚を飼うのに、一緒に水槽に入れておく定番のフィルターですよね。

一般的に投げ込み式フィルターとかブクブクとか言われています。

この投げ込み式フィルターは使っているうちにだんだんと汚れが溜まっていって、ドロドロになっていきます。

汚いから掃除しないと・・と思った人はちょっと待って下さい!

ブクブクの正しいお手入れ方法を知らないととんでもない事になることもあるんです。

今回はそんなブクブク(投げ込み式フィルター)の正しいお手入れ方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

投げ込み式フィルターは洗わなくて良い

ブクブクは実は基本的には洗わなくても良いものなんです。

逆に洗ってしまうとちょっともったいない事にもなるし、場合によってはとんでもない事に繋がり、水質浄化能力が格段に下がって逆に水質が悪化してしまう事もあります。

投げ込み式フィルターには「ろ過バクテリア」が定着しており、使用開始した時点から時間が経てばたつほどバクテリアの量が多くなります。

つまり汚くなったブクブクほどバクテリアがしっかりと住み着いているというわけですね。

バクテリアは水中のアンモニアや亜硝酸と言った毒性の強い物質を、毒性が低い硝酸塩に分解してくれる無くてはならない微生物です。

汚くなってしまったブクブクを新しいものに交換したり丸洗いしてしまうと、せっかく定着したバクテリアがいなくなってしまうのでブクブクは基本的にメンテナンスは不要なんです。

バクテリアがリセットされてしまうと、また一からバクテリアを繁殖させる時間が必要になり、その間水槽内の生体の排泄物の分解処理が追い付かず、水質悪化の一途を辿ることにもなってしまいます。

 

バクテリアに関しては、以下の記事でも詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

バクテリアの記事
  • 水槽をきれいにするバクテリアを効率的に増やす方法とは!?

投げ込み式フィルターの正しいお手入れ方法

メンテナンスが不要ではありますが、「基本的には」です。

さすがに何年も使い続けてドロドロになってしまったフィルターをそのままにしていてはせっかくの水槽の景観を損ねてしまいますので、その際のメンテナンスはした方が良いです。

また、フィルターが物理ろ過によりゴミを濾しとるのを繰り返すうちに詰まってしまう事もあります。

詰まったフィルターはもうフィルターとしての機能を失いますので、必ずメンテナンスをしなければいけません

 

注意すべきポイントは水道水を使って洗わない事です。

水道水にはカルキ(塩素)が含まれていますので、バクテリアにとっては毒そのもの。

バクテリアはかなりデリケートな生き物ですので、水道水でジャーっと洗ってしまうとバクテリアが一気に死滅してしまいます。

これを防ぐために飼育水の水(水槽の水)をちょっと拝借して、飼育水の中で詰まったゴミや汚れをザブッと落とすように洗うと良いです。

いちど洗浄したフィルターは半年くらいは持ちますから、詰まらない限りは半年を目安に軽くメンテナンスしておけば十分です。

 

言うまでもありませんが、ブクブクのフィルターやろ材を新しいものに交換すると、そこに定着していたバクテリアは全くいなくなります。

バクテリアの定着は時間がかかるものなので、非常にもったいない事です。

ですのでブクブクの全取り換えだけはしない方が良いと思います。

 

スポンサードリンク

 

フィルター交換後の対応

取り換えるのはやめるべき、とは言ってもフィルター内のウールろ材などは永久に使えるものではないので、いずれドロドロになって使えなくなります。

またブクブクが壊れてしまった、という事もあるかもしれませんね。

そうなるとさすがに交換しなければいけませんが、交換後の注意点がありますのでしっかりと抑えておきましょう。

フィルターの交換後はバクテリアがいませんから、水質浄化能力が著しく低下し、水が汚れやすくなっている状態です。

バクテリアが再び増えて定着するまでの間は、できるだけ水を汚さないように注意が必要です。

いつもと同じように餌やりをしていると、生体の排泄物の量に対してバクテリアの分解能力が追い付かずにすぐに水が汚れてしまいますので、しばらくは餌やりの量を減らしてバクテリアが定着するのを待ちましょう。

だいたい1週間から10日もあれば定着してくれるので、その間の水槽の水質維持には気を配ってください。

 

また投げ込み式フィルターによっては活性炭が入っているものがありますね。

活性炭には使用期限が設けられており、使用しているうちに活性炭の水質浄化能力が失われます

活性炭に関しては定期的に新しいものに取り換える方が良いですので、ブクブクの説明書に書かれている交換時期の目安を参考にメンテナンスしていきましょう。

 

まとめ

投げ込み式フィルター(ブクブク)はとてもお手軽ですぐに導入できる点が魅力的で、ついブクブクに頼り切ってしまう人も多い事でしょう。

しかしそんな人ほどブクブクの正しいメンテナンス方法を知らなければ、せっかく立ち上げた水槽が一瞬にして台無しになってしまう事もあります。

ブクブクのメンテナンス方法をまとめると、

  • 基本的には洗わない
  • ドロドロになって洗わなければいけない際には、飼育水を使ってすすぐように洗う
  • メンテナンス後は餌やりの量や回数を減らして水を汚さないように注意する
  • 活性炭入りのブクブクの場合は、活性炭を定期的に取り換える

以上のポイントをしっかり抑えておけば、ブクブクのメンテナンスで失敗することも無くなると思います。

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてどうぞ

カンファペット一度使えばやめられない!最強の「ペット消臭剤カンファペット」!その驚きの消臭効果とは!?管理人の超おススメしたい消臭対策用品です!カンファペットの詳細はこちらをご覧ください。 カンファペット