金魚を死なせず上手に飼育する重要なポイントとは!?

水槽で時初めて飼った魚と言えば「金魚」という人は結構多いと思います。

そして金魚を飼育するのは難しい、と言う人も多くいるようです。

しかし金魚の飼育はポイントさえしっかり抑えておけば、決して難しい事はないのです。

今回はそんな金魚を死なすことなく上手に飼育する重要なポイントについて詳しく解説していこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

金魚の飼育水は水道水でOK!?

金魚を飼育する場合だけに限った事ではないですが、魚を飼育するのに水道水では飼育できない事が多いです。

水道水にはカルキ(塩素)が含まれており、この塩素が魚たちにとっては毒になります。

ですので水道水をそのまま使用すれば、ほぼ間違いなく金魚は全滅する事になります。

しかし水道水であっても、しっかり塩素を除去してあげれば飼育水として使用することができます

カルキを抜く方法は簡単です。

バケツなどの容器に水道水を溜めて汲み置きしておき、そのまま数日放置しておくだけでカルキは抜けてしまいます。

この間にエアレーションを同時に掛けておくと水が傷まずに済みますのでおススメです。

 

またすぐに使いたい、という場合もある事でしょう。

そういう場合には「市販のカルキ抜き」を使用すれば一瞬でカルキを除去することができます。

カルキ抜きには色んな種類のものが販売されていますが、どれを選んでも基本的には問題ありません。

 

水温に注意する

結構見落としがちになるのが、「水温の調節」です。

金魚はとても丈夫な魚なので、飼育適正水温はとても幅広く、冷たい3℃からかなり暖かい30℃の水温に適応できます。

しかし「水温の変化」に関してはこの限りではありません。

暖かい水から急に冷たい水に水質が急変するようなことがあれば、金魚はショックを受けて悪ければ死んでしまいます。

注意すべきポイントは、

  • 金魚を水槽に初めて投入する時
  • 水換えをする時

この2つのタイミングです。

特に初めて水槽に投入する際には、念入りに水温を合わせて、時間をかけて水質を合わせなければすぐに死んでしまう事も結構多いです。

水換えをする時も、あまりに多くの飼育水を一度に新しい水に変えると、水質の急変に金魚が耐えられずに死んでしまう事があります。

またこの時も飼育水の水温に新しい水の水温を合わせてから水換えを行う事で、死亡のリスクを減らすことができます。

 

餌を与えすぎない

金魚お飼育で最も楽しい事と言えば、餌やりかもしれませんね。

餌をあげると金魚が寄ってきて餌を食べる姿を見るのは、本当に楽しいですし可愛いですね。

しかしだからといって餌を与えすぎるのはかなり危険です。

餌を与えすぎると食べ残しが出てきます。

この餌の食べ残しが水に溶け、アンモニアを発生させます。

このアンモニアは、金魚にとって有害物質となります。

また金魚はたくさん餌を食べてたくさん排泄をする魚で、金魚の排泄物もまたアンモニアを発生させます。

この事から金魚を飼育している水槽では比較的早く水が汚れていきます。

しかもこのアンモニアによる水質汚染は目に見えて分かるものではありません。

一見してきれいに見えている水槽であっても、実際にはアンモニアが大量に発生していて、金魚にとっては猛毒の水になってしまっている可能性があります。

たくさん餌を食べるからと言って。餌を与えすぎると、反って金魚を死なせてしまう要因になってしまっている事も忘れないでおきましょう。

 

スポンサードリンク

 

金魚の正しい餌やりの方法

金魚の餌やりにはコツがあります。

一気に大量の餌をドバっと与えるのではなく、少量ずつ与えてみて、全部食べきったらまた少量を与えるというサイクルで与えてみましょう。

あまり食べないな、と感じたら餌やりを中止しましょう。

 

また金魚は絶食にかなり耐える事ができるほど丈夫な魚でもあります。

一週間ほど何も食べなくても生きていけるくらい飢餓にも強いです。

ですから「金魚が死んでしまったのは、餌が足りなかったから!?」という考えはほぼ間違っていると言えます。

よっぽど長い間餌を与えなかった場合、餓死してしまう事もあるかもしれませんが、金魚の餓死はほぼ無いと言っても良いでしょう。

 

フィルター(ブクブク)はしっかり使って飼育する

ブクブクは単なる酸素供給のためのものではなく、水質を浄化してくれるろ過フィルターなのです。

ブクブクはなくても飼育できますが、結構面倒な飼育になるのでブクブクは導入しておきましょう。

なお、金魚飼育におけるブクブクの重要性に関しては以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

金魚鉢では飼育しない

金魚鉢は金魚飼育のためにあるのでは!?

と思う人もいるかもしれませんが、金魚鉢で金魚を飼育する事はできません。

少しの間入れておくだけであれば構いませんが、長く入れていると間違いなく死んでしまいます。

なお、金魚鉢で金魚を飼うべきではない理由については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

金魚を死なせないように上手に飼育するコツは以下の通りです。

  • 水道水はそのまま使わず、必ずカルキを抜いて使用する
  • 水質と水温に注意して、水合わせをしっかり行ってから水槽に入れる
  • 餌を与えすぎない
  • ブクブクは入れた方が良い
  • 金魚鉢のような容器ではなく、水槽のような広いスペースで飼育する

これらのポイントをしっかりと抑えておけば、金魚を死なせずに上手に飼育する事ができますよ。

 

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてどうぞ

カンファペット一度使えばやめられない!最強の「ペット消臭剤カンファペット」!その驚きの消臭効果とは!?管理人の超おススメしたい消臭対策用品です!カンファペットの詳細はこちらをご覧ください。 カンファペット