メダカにエアレーションは必要?メリットやデメリットとは?

メダカの飼育にエアレーションは必要なのでしょうか。

エアレーションは使わないという人と、エアレーションを多少なりとも使うという人と分かれると言います。

実際にエアレーションは使った方が良いのでしょうか。

今回はメダカ飼育におけるエアレーションの必要性について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

エアレーションはしなくても良い

メダカの飼育においては、基本的にエアレーションは必要ありません。

メダカは酸欠にも強い魚ですし、そもそも流れのない止水域に生息しています。

エアレーションで生まれる水流は、メダカにとってストレスになるばかりか、メダカは水流に逆らう形で泳ぎますので体力を消耗して弱ってしまう可能性もあるのです。

 

しかしエアレーションを使っている人も多いのはどうしてなのでしょうか。

まずはエアレーションをすることで得られる効果について解説します。

 

エアレーションのメリット

エアレーションをすることで得られるメリットとは何でしょうか。

主に以下の通りです。

  • 酸素供給
  • 水質維持

エアレーションをすることで、水中に酸素を供給することができます。

これによって水槽の成体に安定的に酸素を供給できるため、水中の酸欠を防止することができます。

特に酸欠になりやすい環境で飼育している場合はエアレーションを掛けた方が良いでしょう。

酸欠になりやすい環境とは、メダカを過密飼育している場合や、グリーンウォーターで飼育している場合ですね。

極度の過密飼育にならなければそれほど心配いらないですが、目安としてメダカ一匹に対して一リットルの水が必要だと言われています。

必ずしもそうである必要はありませんが、一つの目安にしてみて下さいね。

 

またグリーンウォーターとは植物プランクトンが大量繁殖した水です。

適度な緑色の場合はメダカにとっていい環境ですが、あまりに濃い緑色だと光合成が止まる夜間に、植物プランクトンの呼吸によって酸素が消費されるため、どうしても酸素不足になってしまう事があります。

酸欠状態に陥ったメダカは体調が悪くなり、成長が遅くなったりします。

グリーンウォーターで過密飼育している場合などは、せめて光合成が止まる夜間には特にエアレーションを掛ける事をお勧めします

 

 

また水質の維持にも役立ちます。

水流のない水はより傷みやすいという特徴があります。

コップに入れた水がそのうち傷んでくるのは水流がないからですね。

また水面に油膜を発生させにくくする効果もあります。

油膜があると、水面から酸素が溶け込めなくなりますので、油膜を防ぐことが出来るのはポイントが高いです。

 

スポンサードリンク

 

エアレーションのデメリット

エアレーションのデメリットは先ほど述べた水流によるメダカのストレスですね。

エアレーションを使う際には、なるべく水流を発生させないくらいの緩いエアレーションにするなど工夫をしてあげる必要があります。

また発生させる泡は細かい方が水流も緩やかになるので、できるだけきめ細かな泡がでるエアストーンを使う方が良いですね。

 

いぶきのエアストーンが特にきめ細かな泡が出るということで人気があります。

エアストーンを詳しく見てみる【楽天】

 

また、メダカの稚魚は特に水流に弱い特徴があります。

水流があるだけで体力を奪われてしまい、弱って死んでしまうことも少なくありません。

メダカの稚魚にはできるだけエアレーションを使わない方が良いでしょう。

 

 

エアレーションをすべき時期とは?

一年中エアレーションをしておく必要はありません。

メダカが冬眠に入る冬にはほとんど活動しませんので、消費酸素も少なくなります。

この場合にエアレーションはあまり意味がないと言っても良いでしょう。

エアレーションをするのであれば、メダカが活発に活動する春から秋にかけてが良いでしょう。

 

 

水換えの頻度を減らせるかも?

エアレーションをすることで水質浄化作用が働くため、水質の悪化を遅らせる事ができます。

これにより水換えの頻度を少なくできる、というメリットにも繋がります。

メダカの飼育頭数が多くて、水換えをすべて行う時間があまりない、という場合にはエアレーションはおススメできると言えますね。

 

 

まとめ

止水域を好むメダカにはエアレーションは基本的に必要ありません。

ただし、濃いグリーンウォーターで飼育している場合や、過密飼育している場合には酸素不足の懸念からもエアレーションは必須になると言えます。

また水質維持にも役に立つので積極的に導入しても良いですが、メダカの場合にはなるべく弱い水流になるようにエアポンプのパワーを弱めたり、きめ細かな泡がでるエアストーンを使用すると良いですね。

水質悪化を悪らせることができるので、水換えの頻度を少なくできるという利点もあります。

エアレーションをかける時期はメダカが活発になる春から秋にかけてですが、冬は冬眠するのでエアレーションは必要ありません。

 

また稚魚には水流が良くないため、エアレーションはやめておいた方が無難です。

酸欠が心配ならば、容器を大きいものに変えてあげるとか、別の方法を考えた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてどうぞ

カンファペット一度使えばやめられない!最強の「ペット消臭剤カンファペット」!その驚きの消臭効果とは!?管理人の超おススメしたい消臭対策用品です!カンファペットの詳細はこちらをご覧ください。 カンファペット