近年の飼い猫の中でも人気NO.1との声も多いスコティッシュフォールド。

猫種としての歴史は浅いものの、それだけの人気を集めたのには、その可愛らしい容姿と、スコティッシュフォールドにしかない魅力があるからでしょう。

また人気NO.1の猫は一体いくらの値段で購入することができるのでしょうか。

今回はそんなスコティッシュフォールドの値段について詳しく調べてまとめてみました。

なお、スコティッシュフォールドの性格に関しては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

スコティッシュフォールドの特徴や性格!立ち耳は珍しい?

 

スポンサードリンク

 

スコティッシュフォールドの値段の相場は?

 

スコティッシュフォールドの値段の相場はおよそ10万円~20万円くらいで販売されています。

これでも10万円くらいの開きがありますね。しかしこれでも平均的な値段の中での相場であって、さらに高価で取引されているスコティッシュフォールドもいるのです。

高い猫ですと30万円、さらに言えば40万円こ超えてくる場合もあると言います。

 

そしてそれだけの値段の開きがあるのは、様々な要因があるのです。

それは容姿的な要因であったり、オスであったりメスであったり、年齢であったり、または購入経路でも変わってくるのです。

それでは次はスコティッシュフォールドの値段に影響する要因について、それぞれ詳しく探ってみましょう。

 

性別による値段の違い

スコティッシュフォールドの場合ですが、メスの方がオスよりも性格が穏やかでペットとしては人気があると言われています。

普通はオスの方が温和だったりという事が多いと思うのですが、珍しいのではないかと思います。

ですので当然人気があるメスの方が値段がやや高く設定されている傾向にありますね。

 

年齢(月齢)による値段の違い

これはスコティッシュフォールドだけに当てはまるわけではありませんが、大抵どんな生き物でも年齢が若い個体ほど高価になります。(一部爬虫類などは逆の場合もありますが)

ですので産まれて間もない赤ちゃんであればとても高価になりますし、産まれてから少々時間が経ってくれば徐々に値段が下がっていく傾向にあります。

もちろん人気があるのは赤ちゃんのスコティッシュフォールドですね。

 

毛の長さによって値段が違う

一口にスコティッシュフォールドといっても、容姿は様々です。

スコティッシュフォールドは基本的には短毛種の猫なのですが、中には長毛種に分類されているスコティッシュフォールドもいるのです。

ロングヘアフォールド、ハイランドフォールドと呼ばれて区別されている猫もいるのです。

基本的には短毛種ですので、これらの長毛種は数的には少なく、希少価値が高いと言われています。

その分当然値段は高くなるわけです。

 

耳が折れて垂れている個体は高価

スコティッシュフォールドの最大の特徴と魅力は、やはりちょこんと折れ曲がって垂れている耳ではないでしょうか。

この耳の形でも値段に影響があるのです。

実はスコティッシュフォールドは、すべての猫が耳が折れているわけではないのです。

実は耳が折れている猫の割合は3割くらいと言われていて、耳が折れずにピンと立ったままの猫もたくさんいるのです。

 

値段はというと、耳が立っている猫は比較的安くなる傾向にありますし、やはりスコティッシュフォールドらしく耳が折れ曲がっている猫が高価になります。

ちなみに最も良いとされているスコティッシュフォールドの特徴は、耳がしっかりと小さく折れている猫だとされていて、微妙な折れ具合によっても値段を大きく左右するのだそうです。

 

スポンサードリンク

 

入手経路による値段の差

どのような入手経路でスコティッシュフォールドを購入するのかでも、値段はずいぶん違うものです。

スコティッシュフォールドは人気がある猫種ですので、基本的にどこのペットショップに行っても取り扱いがあるかと思います。

しかしペットショップは仲介業者を介していたり、利益を上乗せして販売されていますので、値段はどうしても高めになりがちになってしまうのです。

もう一つの入手方法はブリーダーから直接購入する方法です。

スコティッシュフォールドを育てているブリーダーは数多くいますので、直接気に入ったブリーダーから購入することも容易にできるのです。

ブリーダーから購入すれば、マージンなどを払う必要が無いため、ペットショップから購入するよりも安く購入できる事が多いのが特徴です。

ではそれぞれの入手方法について、メリットやデメリットなどをご紹介します。

 

ペットショップで購入する場合のメリット、デメリット

何といっても簡単に足を運ぶことができますし、何度も足を運んで触れ合ってから購入を決める事がもできます。

また、たくさんの個体を販売していますので、気に入った子猫を選べるといったメリットがあります。

一方デメリットというと、他の生き物も一緒に販売していますので、感染症が少し心配になります。

また、販売形態が故に、先ほど述べたように値段がやや高めになってしまう傾向があります。

 

またペットショップで販売されている子猫の場合、産まれてすぐに親から引き離されている事が多いですので、精神的に不安定になっている子猫が多いのも心配なところです。

こういう猫はストレスが大きく、簡単に病気になってしまう事もありますので、注意が必要です。

 

ブリーダーから直接購入する場合のメリット、デメリット

ブリーダーは専門知識を持っていることがほとんどですので、スコティッシュフォールドについての詳しい情報も事前に教えてもらえるでしょう。

これは初めて飼うという飼い主の人にはとても嬉しいですよね。

また、子猫も親猫と一緒に暮らしている期間がある程度長いので、精神的にも安定している子猫が多いのもメリットだと言えます。

またある特徴をもった猫を専門的にブリードしているなど、そのブリーダーがこだわりを持ってブリードしている優良な猫を入手することができるという点もメリットがあるのではないかと思います。

また実際にその子猫の両親も見せてもらえますので、将来大きくなった姿も容易に想像することができますね。

 

良い事ずくしに思えるブリーダー販売ですが、デメリットもありますね。

まずはブリーダーから購入する場合、多くの場合はブリーダーの個人宅に訪問して見学、購入する流れになります。

何度も見学しに行くのは難しいものがあるでしょう。

現在ではインターネットが普及し、ブリーダーとの連絡もネットで行う事ができるなど、以前よりもブリーダーに問い合わせ、訪問する敷居ははるかに低くなっていますね。

また基本的には低価格で販売している場合が多いのですが、こだわりの血統であったりと、ショーに出るくらいの優良な猫を親に持つ子猫の場合、値段は跳ね上がると言われています。

ブリーダーだからといって、すべてに人が猫好きの良い人であるとは限りません。

中には販売目的でしかなく、酷い環境で飼育、ブリードしている品質の低い猫を売りつける悪徳なブリーダーもいると言われていますから、十分注意する必要があります。

 

まとめ

スコティッシュフォールドの値段の相場は、基本的には10万円~20万円くらいと平均的です。

人気NO.1なだけに高価なのでは、と思う人もいるでしょうが、そのような事は無いようですね。

むしろ人気があるから流通量も多く、値段も安く安定しているのでしょう。

しかし中には30万円や40万円を超えてくる高価なスコティッシュフォールドもいますので、どういう要因で高価になっているのかをしっかりと調べてから購入を決めたいところですね。

 

入手する方法はペットショップで購入するか、ブリーダーから直接購入するかどちらかになります。

それぞれ一長一短ですので、良く考えてから検討したいですね。

ペットとしての性格も申し分なく、容姿もとても可愛らしいスコティッシュフォールド。

一度は飼ってみたい猫なのではないでしょうか。

スポンサードリンク