シマリス飼育における注意すべき事故とは!?

シマリスを飼育する場合において、注意すべきことはたくさんあります。

体の小さなシマリスですから、シマリスにとって危険になりうるものは家の中にもたくさんあります。

今回はそんなシマリスにとって危険となり得るものや、危険を回避して事故を防ぐためのノウハウをご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

 

ケージの中での危険要素

シマリス飼育においては、ケージでの飼育を推奨しています。

しかしケージの中とはいえ、危険があるのです。

フンキリ網、底網

代表的なものは、「網」です。

大抵のケージにはお世話のしやすさを考慮して、底網が用意してあります。

底網があればシマリスの食べこぼした餌や、糞尿などが下に落ちるので掃除をする際に便利なのです。

しかしこの底網、注意しなければいけません。

シマリスはとても運動量の多い動物ですので、ケージの中を飛び回ります。

高いところから着地することも多いので、その際に網に足を引っかけてしまい、骨折してしまうなどと言った事故が発生しているのです。

シマリス用に使用できるケージの多くが金網のケージです。

四方の金網は特に問題ないと考えますが、底網が付いてくるケージの場合、取り外して使用する方が事故を未然に防ぐことが出来るのでおススメです。

 

綿製品など

ペットショップに行けば、小動物用の商品がたくさんあります。

木製のものや綿製のもの、実に様々な種類の商品が市場に出回っています。

この中で、綿製品や布製品といったものが保温グッズや家として販売されています。

見た目がとても可愛くて、ぜひ購入したくなる気持ちは分かるのですが、これが危険を秘めています。

購入した始めの頃は特に問題ないのかな?と思います。

しかし、齧ったり引きちぎったりして次第にボロボロになっていくのが商品というもの。

このボロボロになった布や綿がシマリスにとって超危険だと言っても過言ではないでしょう。

劣化した綿や布製品は足を取られてたり、絡まったりするリスクが一気に高くなります。

体の一部が絡まったシマリスはパニックになって暴れ、さらに絡まってしまい体力を奪われてしまうともよくあります。

暴れるがあまりに骨折してしまう可能性もあります。

実際に私もこのせいでシマリスを亡くした経験があります。

対策法としては、こういった製品を使用しないようにするか、劣化が酷くなる前に新しいものと交換する方が無難です。

 

ヒーター等の配線

シマリス飼育においてはヒーターによる保温が必要になる時期があります。

こういった電気製品の使用の際にも十分注意しなければいけません。

シマリスは齧歯目ですので、物を齧るのは習性ですのでどうしようもありません。

配線などは格好の餌食になってしまいますので、配線部分がシマリスの歯の届かないように設置するか、チューブでコーティングするなど工夫をする必要があります。

 

スポンサードリンク

 

部屋の中での危険

シマリスもケージの中だけではストレスになってしまうので、適度に外で(部屋の中で)散歩させる必要があります。

部屋の中にはシマリスにとって危険なものが想像以上にたくさん存在します。

落下物や落下事故

テーブルや棚の上に置いてあるものが落下して下敷きになるというパターンが良くあります。

またはシマリスがカーテンレールなどに登って、足を滑らせて落下、骨折という事例もあります。

高い所が好きなシマリスには特に注意すべき事故です。

 

ソファーのくぼみ

案外多いのが、ソファーのくぼみにハマってしまって、抜け出せなくなり、そのまま弱ってしまうケースがあります。

そのうえさらに、そこに知らずに座ってしまい、潰してしまうという事故もあったという報告もあります。

 

踏みつけた

特に何もなくても、床を走り回るシマリスに気付かず、踏みつけてしまったという事故も多々起きています。

シマリスを部屋に放して散歩させる場合には目を離さないようにし、シマリスがどこにいるのかを常に確認しておきましょう。

 

コードを齧る

ケージの配線よりもこちらの場合の方が配線に関する事故が多いです。

リビングなどにはたくさんの配線があると思いますので、シマリスが齧ることができないようにするか、齧っても大丈夫なように対策を施しましょう。

 

溺れる

あまりない事例ですが、水のある場所が多い場合には要注意です。

代表的なものに「水槽」があります。

他にも洗面台や台所の流しなども要注意スポットです。

シマリスは本当にアクティビティな動物ですので、こんなところに行くのか!?と思うような所にも平気で行ったりします。

油断すると思わぬ事故に繋がりますので、注意したいところです。

 

布団や毛布に関わる事故

毛布や布団に潜り込むことも良くあります。

そのまま知らずに踏みつけたり、出られず弱ってしまうケースも。

足を絡ませてしまって、暴れた結果弱ってしまうというケースも起こり得ます。

 

誤飲

シマリスは見つけたものを口に入れる習性がありますから、危険物が床に落ちている事も良くあります。

釘やクリップ、プラスティック片やゴム片などが、よくある誤飲の事故の原因ですので注意しましょう。

 

まとめ

シマリスにとって危険となるものがケージの中、部屋の中問わずたくさんあることが良く分かります。

もちろんここで挙げたもの以外にも数多くの事故が考えられるでしょう。

せっかくお迎えしたシマリスを不慮の事故で死なせてしまう事がないように、注意すべきポイントをしっかりと把握しておきたいものですね。

 

その他のリスに関する記事

 

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてどうぞ

カンファペット一度使えばやめられない!最強の「ペット消臭剤カンファペット」!その驚きの消臭効果とは!?管理人の超おススメしたい消臭対策用品です!カンファペットの詳細はこちらをご覧ください。 カンファペット